1,800万ドルのフライトシミュレーターで「リアルな緊急事態」を体験してみた

写真拡大

空の上でどんな危機が起きても対処できるようにするために、パイロットたちは膨大な時間をシミュレーターの中で過ごす。『WIRED』US版の記者がデルタ航空のシミュレーターで、エンジンが火災になった場合の「リアルな緊急事態」を体験。動画で紹介する。

「1,800万ドルのフライトシミュレーターで「リアルな緊急事態」を体験してみた」の写真・リンク付きの記事はこちら

航空機に乗る人は誰でも、機体の故障や異常気象などのさまざまな原因によって「最悪の結末」が引き起こされることなど考えたくないはずだ。しかしパイロットたちは皆、最悪の事態を考えている。あらゆる状況に備え、非常時のリハーサルを繰り返しているため、すでに対応策を体が覚え込んでいる。

その域に達するまでには、シミュレーターで膨大な時間を過ごさなければならない。訓練のために本物の航空機を操縦することは許されないからだ。

シミュレーターのタッチ画面を何度かタップするだけで、エンジンが切れた状態で、燃料を節約しながら水平飛行を保ち、着陸する場所を探す、といった驚くほどリアルな体験ができる。

1,800万ドルもするこうしたシミュレーターは、高解像度の画面と本物のコックピットでリアルさを追求している。コックピットからの眺めや機体の動きは本物そっくりで、雪や雷などの気象状態も体験できる。

着陸装置が壊れた「ボーイング767」を視界ゼロの吹雪でも着陸させられる自信がある一般人に向けて、多くの航空会社が有料(またはポイント利用)でシミュレーターの体験サーヴィスを行っている。

冒頭の動画では、『WIRED』US版の記者がデルタ航空のシミュレーターで、エンジンのひとつが火事になった状態でボストン空港に戻って着陸する事態を体験している。

一度シミュレーションを体験したくらいでは、備えは万全とまでいかないかもしれない。だが、パイロットたちは万全の準備を整えているとわかっているだけでも、少しは安心できるだろう。

RELATED