吉田沙保里の母・幸代さんが涙「いつかは負けるときが来ると」

ざっくり言うと

  • リオ五輪女子レスリング53キロ級で、吉田沙保里は銀メダルに終わった
  • 母の幸代さんは、2015年の世界選手権から娘の体力の衰えを感じていたという
  • 「いつかは負けるときが来ると思っていました」と涙ながらに語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング