TPOをわきまえるのも、オシャレのうちのひとつ。プライベートだったらいいけど、オフィスではちょっと……というファッションだと、せっかくのかわいい洋服や靴も台ナシ。
今回はそんなオフィスではNGなファッションをご紹介。オフィスにきちんと合ったファッションをして、オシャレOLを目指しましょ!

短すぎるスカート

ひざ上何センチ? というミニスカートは、オフィスには絶対NG。まわりの人も気が気でありません……。足がきれいに見えて、なおかつ清楚に見える丈はひざ上5〜10cm。デザインにもよりますが、このくらいの丈だと、オフィスでもプライベートでも着ることができて便利です。次にスカートを購入するときは、ぜひこのくらいの丈のスカートを試着してみては?

素足でスカート

ひらひらしたスカートに素足でサンダルというファッションは、プライベートではとってもかわいいけれど、オフィスではNG。オフィスファッションでスカートを履くときは、きちんとストッキングを履きましょう。
素足に近い色のものや、足をキレイに見せてくれる色のストッキングがおすすめです!

露出多すぎなトップス

胸元や背中が大きく開いているトップスは、オフィスでは控えましょう。あまりにスケスケのブラウスなども、おすすめではできません。またノースリーブのトップスも、オフィスによってはNGです。
大胆な露出よりも、手首や足首、胸元などをちらっと露出をする方が、逆にオシャレでドキッとする男性も多いはず……。

カツカツ音がするヒール

歩くたびにカツカツ音がするピンヒールは、オフィスには向きません。また、高すぎるヒールもなるべく避けた方が無難です。もしも履いて出勤したい場合は、オフィスで履き替えるための靴を用意しておきましょう。
オフィス用のぺたんこ靴を一足用意しておくと、なにかと便利なのでおすすめですよ!

あまりにカジュアルすぎるもの

毎日しっかりとした抜かりのないコーディネートをする必要はありませんが、休日ですか? というくらいのカジュアルすぎるファッションはNGです。夏であればマキシスカートやTシャツ、冬であればトレーナーなどは避けましょう。ジーンズも、ダメージジーンズなどはお休みの日だけにしておくのがおすすめです。

オシャレをしたつもりが、「なんか痛い……」と思われてしまったら残念。プライベートとオフィスのオシャレは違うもの。それぞれに合ったファッションを楽しんで、みんなから愛されるオシャレOLを目指しましょ!