19日、韓国メディアによると、韓国の元卓球選手の柳承敏氏が、スポーツの大統領と呼ばれる国際オリンピック委員会(IOC)の選手委員に選出された。このニュースに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年8月19日、韓国・YTNによると、韓国の元卓球選手の柳承敏(ユ・スンミン)氏が、スポーツの大統領と呼ばれる国際オリンピック委員会(IOC)の選手委員に選出された。

柳氏はリオ五輪開催中に行われた選手委員の投票で、候補者23人中2位で選手委員に選出された。柳氏は2004年のアテネ五輪で中国の王皓氏を破り、男子卓球シングルスで金メダルを獲得した。

柳氏は「最大限努力し、韓国のスポーツ発展に寄与したい」と述べている。韓国人が選手委員に選出されたのは、2008年の文大成(ムン・デソン、アテネ五輪テコンドー金メダリスト)氏以来2人目。

このニュースに、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「すごい。韓国卓球界の誇り」
「今回の五輪を見て分かった。当時、柳承敏が中国を破ったのは本当にすごいことだった!」
「韓国人がIUC委員を務めている間に平昌五輪を開催できるなんて幸せ」

「おめでとう!サーブを打つ時の彼の眼差しがいまだに忘れられない!」
「韓国が五輪で不当な待遇を受けないよう努力してほしい」

「残念。IOC選手委員として平昌五輪にかかわりたいキム・ヨナの夢はかなわなかった…」
「キム・ヨナは次の機会に!」

「純粋に、スポーツの発展のことだけを考えてほしい」
「政治に介入しようとさえしなければいい」(翻訳・編集/堂本)