使い途は10通り以上、多機能な防災ミサンガ

写真拡大

一般社団法人防災ガールは、10通り以上の使い途がある多機能防災ギア「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)ミサンガ」を発売する。取り扱い店はRESQUAD 原宿店・立川店・名古屋店・京都店(http://rescue99.com/)で、8月26日よりECサイトでも発売開始。価格は1,300円(税別)。

「#beORANGEミサンガ」は、非常時には使うけど、普段は使わない――といった防災グッズの既存イメージに対し、何気ない日常での利用や、防災意識を高めるために企画・開発したアイテム(https://www.youtube.com/watch?v=o--DotMHHMA)。

軽量でありながら耐久性と強度に優れた「パラシュートコード(耐荷重量は約200kg ※参考値)」を採用しており、編み込んであるパラコードをほどくと2メートルを超える紐にもなる。

また、燃えやすい素材を用いているため着火剤としても使用可能。さらに止血帯やデンタルフロス、笛としても使えるなど、有事の際に多様な用途に応える機能を備えている。

今回発売されたのはミサンガタイプだが、女性向けのブレスレットタイプも近日発売する予定だ。

カラーはオレンジ×オレンジ、オレンジ×ブルー、オレンジ×ホワイトブルーの3種類で、サイズはフリー(男女兼用)。