ストレスからくるコリは「脳から」ほぐそう

写真拡大

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらず非協力的なメンバーが気がかりなナツは、スタッフの一人、ダイアナについて気になっていることを語り始める。

「ブリージング・スペース」で緊張感をほぐす

「そういえば先生……」

パニック発作の話題を避けたかったこともあって、私は割って入った。「今日、ここに来る途中でダイアナに会いました。オフの日に〈モーメント〉の人に会ったのは初めてです。それで……彼女がいつもピリピリとして疲れている理由が、ちょっとわかった気がするんです」

ほう、とヨーダは興味を示した。ダイアナに会ったとはいっても、彼女と会話を交わしたわけではない。ダイアナは10代前半と思しき女の子と一緒にいた。どうやら彼女の娘のようだ。彼女たちは周囲の目がある街中にもかかわらず、大声で口論していた。難しい年齢だ。私自身、父への反抗心がはっきりと芽生えたのは、ちょうどダイアナの娘と同じくらいのころだった。

半ば叫ぶように娘に何か言っていたダイアナは、遠目から見ていた私の姿に気づいたようだった。ハッと我に返った様子を見せると、短く娘に何かを言い、手を引いてどこかに行ってしまった。親子ゲンカを私に目撃されて決まりが悪かったらしい。

「なるほど、ダイアナは娘さんとの関係に手を焼いておって、それがかなりのストレスになっているというわけじゃな。ナツはダイアナがいつもピリピリとしていると言ったが、そう感じるのはダイアナの身体にストレスが現れているせいじゃろう。ストレスを受けると身体は緊張するからな。

いますぐダイアナに試すというわけにはいかんじゃろうが、今日はストレスでこわばった身体をゆるめるブリージング・スペースを教えるとしよう。まずはナツ、君自身が試してみるんじゃ」

ヨーダはいつもの椅子を引っ張り出してくると、私に座るように目配せした。マインドフルネスをはじめてそろそろ1ヵ月半、さすがに言われなくとも「背中はシャッキリ、お腹はゆったり」の座り方になる。ごく自然に意識が呼吸に向かい、身体が瞑想の準備をしはじめた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)