【突然◯◯されたら?】誰かの1日を、ちょっとだけハッピーにしちゃう動画

写真拡大

とかく暗いニュースが多くなりがちな昨今。みんなが憎しみ合ったり批判しあったりするのを目にする機会も多いですが、誰かの1日をハッピーにしたり、人を笑顔にするのはとっても大事で、じつは簡単なことなのかもしれません。

人気Youtuberのひとり、Josh Paler Linがやってみた「誰かの1日をハッピーする方法」を見てみましょう。

ドライブスルーで
後ろの人におごっちゃう!

まずはドライブスルーに行って「僕は何も注文しないんだけど、後ろの人の支払いをさせてくれ」と言って、たまたま後ろにいた人に食事をごちそうします。

次に来た人に「さっきの人が支払いを済ませてくれました。知っている人ですか?」。そう尋ねる店員さんまで笑顔に。もちろん、おごってもらった人もびっくりしながら大喜び。

持ち主がいない間に
ガソリンを入れちゃう

持ち主が車を離れているすきに、お金を払ってガソリンを入れてしまいます。戻ってきた持ち主は、勝手に始まっている給油にびっくり。Joshが登場して事情を説明すると、「今週とても大変だったから……」と、その優しさに触れて感極まった表情の女性。

頑張ってる人に
飲み物を配る

1日中外で働いていた男性や、仕事終わりの男性にフローティングシェイクを配ります。もらったシェイクを片手に立ち去る男性は、何度も飲み物を見つめ、嬉しそうな表情。飲み物ひとつで知らない人を笑顔にできるんですね。

病院で働く女性に
バラをプレゼント

病院で働く女性のもとを訪ねて、「いつもありがとう」の言葉とともにバラをプレゼント。女性はたちまち笑顔になり、嬉しそうにバラの香りをかいでいました。「あなたが私の1日をハッピーにしてくれたわ」と、噛み締めるような笑顔。

おごってもらった人が、
他の人におごってあげることに

最初に紹介したドライブスルーの話には、続きがありました。おごってもらった男性は、「じゃあ僕も後ろの人におごるよ。この連鎖がどこまで続くか試してみよう」と、自分も後ろの人におごってあげることにしました。まさに優しさの連鎖!

ハッピーが連鎖する
世界に

もしも自分が同じ状況になったら?このサプライズを素直に受け止めることができるかどうかはわかりませんが、本当にちょっとしたひとことや行いで、人を笑顔にできるんだ、ということが伝わってきます。

こんな感謝や優しさの連鎖が広がっていくと、とてもあたたかい世界になりそう。家族や友人、恋人に、そして時には知らない人に、感謝や優しさをもって接してみたいものですね。

Licensed material used with permission by Josh Lin