清潔なステンレスフィルターと省エネ機能で快適に暖かく

写真拡大

各種暖房器具などを手がけるダイニチ工業(新潟市)は、家庭用石油ファンヒーター「SDRタイプ」を2016年8月22日に発売する。

空気取入口を清潔に保てるよう背面のフィルターにステンレス材をコーティングした「除菌 ステンレスフィルター」を装備。除菌効果でステンレス材に付着した菌を抑制する。

部屋の暖まり具合を判断し燃焼量を自動コントロールする「ecoおまかせモードプラス」。好みの温度に設定した上で燃料消費をセーブでき、快適に節約できる。部屋に長い時間、人がいない場合、センサーが自動的に運転を制御し、燃焼量を弱めたり停止してムダを抑える。

カラーはスノーホワイト、オータムレッドの2色。

ラインアップは、木造10畳/コンクリート13畳まで対応「FW-3716SDR」、12/17畳まで対応「FW-4716SDR」、15/20畳まで対応「FW-5716SDR」の3モデル。いずれもタンク容量は9リットル。

価格はいずれもオープン。