6インチ大画面!デュアルSIM&デュアルスタンバイ・大容量バッテリ搭載の激安129ドルファブレット『Cubot Max 4G Phablet』

写真拡大

大画面で高機能・大容量バッテリ搭載の激安ファブレットが登場!

今や生活の一部となり、なくてはならない存在になった「スマートフォン」。
「スマートフォン」の中でも、特に大画面の物は「ファブレット(電話のフォンとタブレットの合成造語)」と呼ばれ、現在大人気です。

そんな中、海外通販サイト『GEARBEST』から、大画面で大容量で多機能なのに安価な「ファブレット」が販売開始!との情報が入って来ました。

取り急ぎご報告致します!

6インチ大画面でデュアルSIM&デュアルスタンバイ・大容量バッテリ搭載の激安129ドル ファブレット『Cubot Max 4G Phablet』とは?!

※海外通販サイト『GEARBEST』では、『Cubot Max 4G Phablet』を日本からも注文可能です!

GEARBEST/Cubot Max 4G Phablet - BLACK
http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_424831.html#lkid=10098462

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面6インチで大容量4100mAhバッテリを搭載した「ファブレット」です。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面で動画を楽しむ事が可能です。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面でゲームを楽しむ事が可能です。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面で読書する事が可能です。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面でグラフや地図を見るのが便利になります。

『Cubot Max 4G Phablet』は、RAMは3GBでROMは32GBの大容量。microSDカードは128GBまで対応します。SIMはDual SIM dual standby, dual Micro SIM cardスロットのようです。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面で高いパフォーマンスを誇ります。

『Cubot Max 4G Phablet』は、ゴールド・ホワイト・ブラックの三色から色を選ぶことが出来ます。

『Cubot Max 4G Phablet』は、大画面で、自撮りも楽しむ事が可能です。

仕様は以下の通りです。

Cubot Max Android 6.0 6.0 inch 4G Phablet MTK6753 1.3GHz Octa Core 3GB RAM 32GB ROM OTG Hotknot GPS Bluetooth 4.0
Main Features:Display:6.0 inch HD screen (1280 x 720 pixels)
CPU: MTK6753 1.3GHz Octa Core
System: Android 6.0
RAM + ROM: 3GB RAM + 32GB ROM
Max Storage Expansion: 128GB
Camera: Back camera 8.0MP (Interpolated 13.0MP) with flashlight + front camera 1.3MP (Interpolated 5.0MP)
Bluetooth: 4.0
GPS: GPS
Sensor: G-sensor, Proximity sensor, Ambient light senor
SIM Card: Dual SIM dual standby, dual Micro SIM cards
Network:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz

特筆すべきはその値段。記事執筆時点でなんと$129.99!!

6インチ画面でデュアルSIM&デュアルスタンバイ・大容量バッテリ搭載の激安129ドルファブレット『Cubot Max 4G Phablet』。面白ガジェットが欲しい人には注目の商品かもしれませんね!

※海外通販の購入については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。海外通販の世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※記事中の価格表示は記事執筆時点のものとなります。
※本記事の内容は、あくまでも筆者の調査等に基づくものであり、筆者及び編集部はそのサービスや内容を保障するものではありません。
※仕様はweb上の記載によるものでです。(海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合もあります。)
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか