公共交通機関で持ち運べる"気軽な移動手段"

写真拡大

ソフトバンクは、香港Yuneec(ユニーク)製の電動スケートボード「E-GO2(イーゴーツー)」を、消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」で2016年8月9日に発売した。発送は9月の予定。

付属のリモコンやスマートフォンの専用アプリで操縦できる。最高速度は時速20キロで、乗りながら自由に速度調節が可能。周囲の安全に配慮した高度なブレーキングシステムを搭載するほか、最高速度を13キロに抑えた「低速モード」も用意し、初心者でも楽しめる。なお、スポーツ用途ではなく手軽で便利な移動手段として作られているとのことだ。

ドローンのモーター技術を活用した省電力設計を施したほか、ブレーキで発生するエネルギーを再利用する「再生ブレーキシステム(RBS)」を備え、約3〜5時間の充電で最大約4時間、約30キロの走行が可能だという。外形寸法は91(長さ)×24(幅)、重さ約6.3キロの軽量・コンパクトで、バスや電車など公共の交通機関での持ち運びも可能だ。

カラーはROYAL WAVE(青)、COOL MINT(緑)、HOT PINKの3色。

価格は8万8380円(税込)。