画像

写真拡大

 FiNCと、東京大学の松尾豊准教授は、8月18日より、ウェルネス、ヘルスケア領域のデータ統合・解析および利活用を目的に「FiNC Wellness AI Lab(FiNC Wellness 人工知能研究所)」を設置した。

 モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCは、東京大学松尾研究室の松尾豊准教授とともに、8月18日より「FiNC Wellness AI Lab(FiNC Wellness 人工知能研究所)」を設置した。

 同社は、同研究所の設立により、人工知能の新たな知見と技術の創出と、FiNCの蓄積してきたヘルスケアデータの統合・解析を加速させ、ウェルネス、ヘルスケア領域でのさらなる利活用を図る。また、基礎技術の開拓を進め、食品・保険・医療など幅広い分野で活用するための活動基盤の構築、及び協業体制の強化にも注力していく。

 ウェルネス、ヘルスケア業界では、ライフログや健診データ等の様々なヘルスケアデータの統合・解析、複合的なデータを活用したソリューション提供が課題とされてきた。そのなかでFiNCは、機械学習をはじめとする人工知能技術よるヘルスケアデータの蓄積及び、研究開発を進めてきた。今回の取り組みにより、技術開発とその利活用をさらに進めていく。

MarkeZine編集部[著]