17年3月まで8か月連続、全8シリーズ

写真拡大

バンダイナムコグループのバンプレスト(東京都港区)は、「ディズニーキャラクター」が題材のアミューズメント専用景品(プライズ)を、2016年8月中旬から全国のアミューズメント施設へ向け順次投入する。

「ワールドコレクタブルフィギュア(WCF)」として、8月から17年3月にかけ8か月連続、全8シリーズを投入する。

第1弾は「ふしぎの国のアリス」から、「アリス」「マッドハッター」「白うさぎ」「ハートの女王」「トランプ」全5種が登場。また「MEGA WCF」として「チェシャ猫」「チェシャ猫(スペシャルver.)」が登場、上記フィギュアと一緒に飾れる集合台座が付属する。

9月上旬には第2弾「塔の上のラプンツェル」から、「フリン・ライダー」「パスカル」「マキシマス」「マダム・ゴーテル」「ショーティー」全5種が登場。そのほか「MEGA WCF」に「ラプンツェル」「ラプンツェル(スペシャルver.)」が登場、集合台座に加え「塔」が付属し、作品の世界観をイメージしたデザイン。

また、8月11日〜17年4月10日(予定)までの期間中、各シリーズの「WCF」「MEGA WCFの「特製BOXセット」が抽選で毎月50名に当たるキャンペーンや、対象のクレーンゲーム機に500円を投入すると、オリジナルの「ダイカットデザインカード」全8種から1枚がもらえるキャンペーンを展開する。