「汗のニオイ」が気になる夏。他の季節よりも「ニオイケア」には気を使っている…という人も多いことだろう。一方、「汗のニオイ」はケアしても、「口のニオイ」は気にしていないという人もいるのではないだろうか。そこでエーザイのコンシューマーhhc事業部は、「夏のニオイと口臭」をテーマに、まず(ニオイセンサー)を使用して20〜30代女性の「身体のニオイ」を測定。さらに、20〜30代女性500名を対象に、「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査を行なった。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

■ニオイセンサーで判明!「口臭」のニオイの強さは「ワキ」の3倍以上!

はじめに、ニオイの強さのレベルを測定する臭気測定器(ニオイセンサー)を用い、20〜30代女性の「頭皮」「全身の汗」「口臭」「ワキ」「足」について、ニオイ測定を行なった。その結果、ニオイレベルの平均測定値は「26.3」で「口臭」が圧倒的1位に。「口臭」のニオイレベルは、「全身の汗のニオイ」(平均測定値:「12.4」)や「足のニオイ」(平均測定値:「12.0」)を2倍以上も上回る結果となった。さらに、夏にニオイが強くなるイメージのある「ワキ」(平均測定値:「7.8」)と比較しても、3倍以上の強さレベルとなっている。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

<今回臭気測定器で計測した「体のニオイ」の結果>
・口臭…ニオイレベル「26.3」※ランチ後
・全身の汗…ニオイレベル「12.4」※軽い運動(短距離ダッシュ)をした後
・足…ニオイレベル「12.0」※12時間靴を履いた後
・ワキ…ニオイレベル「7.8」※入浴から22時間後
・頭皮…ニオイレベル「6.7」※入浴から22時間後

今回、20〜30代の女性500名に対し、あらかじめ上記の5つから「体のニオイの強さランキング」を予想してもらった。その結果、多くの女性たちが最も「ニオイが強い」と予想していたのは「ワキ」(46%)。次いで、「足」(24%)、「全身の汗」(18%)の順となり、「口臭」(7%)は第4位に。多くの女性が予想を外す結果になった。ここからも、「口臭」が「夏のニオイ」において盲点になりがちな実態が垣間見える。

■口の渇き、スタミナ料理…夏は要注意!「夏のニオイと口臭」に関する意識・実態調査

次に、「夏のニオイケア」の実態をたずねた。まず、「夏は他の季節よりも自分のニオイに気を使っている」と回答した女性は88%。実に9割近くの女性が、夏は「体のニオイ」を気にしていることがわかる。そこで、さらに「夏にニオイケアをしている体のパーツ」をきくと、1位に「ワキ」(89%)、2位に「足」(50%)、3位に「頭皮」(37%)の順となった。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査 「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

具体的には「脇汗をかきやすいので、専用の制汗剤を使用している」(30歳)、「飲み会などで靴を脱ぐとき、足のむれが気になる。脱ぐ前にトイレに行き、スプレー」(29歳)など、「夏の暑さ」由来の「ニオイ」を気にしている人が多いようだ。一方、「口臭」に関しては、66%の人が「特にケアは行なっていない」と回答している。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

■「夏の口臭習慣」に要注意!約8割が「のどが渇きがち」、「スタミナ料理を食べたくなる」は半数も

夏にもケアしたい「口臭」。ではどんな生活習慣が「口臭」の発生につながっているのだろうか。まず、女性たちに夏の生活習慣について質問。その結果「水分不足ですぐにのどが渇く」と回答した人が77%にのぼった。「のどが渇く」場面は、口内の唾液の分泌が減少し口臭の発生レベルが高まる。さらに、「スタミナ料理などニオイが強くなりがちな料理が食べたくなる」や、消化しきれなかった食べ物のニオイが発生しがちな「冷たいもので胃が弱りがち」(各50%)といった習慣を挙げた人も半数におよぶ。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査 「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

イラスト:ムトウヨシミ

■密着した満員電車、焼肉の後… 夏の口臭が気になるシーン

「夏に自分の『口臭』を感じた経験」をたずねたところ、68%が「ある」と回答。多くの女性が取り立てて「口臭ケア」を行なっていない一方、夏に「自分の口臭」が気になるタイミングがあることがわかる。

「夏のニオイケア」に関する意識・実態調査

その具体的なシチュエーションを聞くと、「電車内で密着するときは汗のにおいも口臭も気になる」(34歳)、「夏はスタミナのつくお料理を欲するので焼肉やニンニクを食べた後、口臭が気になる」(36歳)といった、やはり「夏」ならではのシーンが挙げられた。

今回の調査から、調査から口臭は盲点になりがちで、ケアが見過ごされがちなことが浮き彫りになった。それに夏は、口臭が発生しやすい生活習慣が目立つ。こまめに口内を清潔にしたり、のどの乾きを抑えることがポイントになるが、気になる場合は、内服口臭除去薬のようなものを活用してみるものいいだろう。

【調査概要】
調査期間:2016年6月24日〜6月28日
調査方法:インターネット調査(エーザイ調べ)
調査対象:20〜30代有職女性500名 ※年代別均等割付

文/編集部