競技には感動、アナウンスには幻滅?(写真/アフロ)

写真拡大

 女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の腹立つトピックをぶった斬る! 今回は、安売りされる「夢」や「感動」に怒りをぶつけます。

 * * *
 連日、熱戦が続く五輪。差し迫って集中している若者の目の、なんと美しいこと。世界レベルのすごさにため息が出ちゃう。だけど、テレビ画面から洪水のように流れてくる無神経なアナウンスに、耳をふさぎたくなるのも五輪。

◆出場がかなわなかった強化選手が1149人!

 そのひとつが、スキあらば出てくる「感動をありがとう」ってヤツ。これを言うタイミングを見計らい、ここぞという時はもちろん、そうでない時も出るわ、出るわ。感動をどこまでも安くする。

「こう言っておけば間違いないんじゃね」とテレビ各局が考えているとしか思えないよ。

 あと「夢はかなう」「夢の舞台」「私たちの夢をのせて」。大きな国際試合になると必ずだけど、4年に1度の五輪は特に“夢”の大バーゲンセール。

 まったくよく言うわ。日本の選手団は331人だけど、五輪強化指定選手1480人。ということは手の届くところまで行って、出場の夢がかなわなかった選手が1149人もいるんだよ。それ以外の名もなき選手たちを含めれば…。

 彼、彼女たちがどんな思いでテレビ中継を見つめ、「夢はかなう」を聞いているか、考えたことがあるんだろうか。

◆最近は目標でなく寝言を夢というらしい

 スポーツだけじゃない。いろんな“夢”が世の中にはびこり出したのは、1980年代前半からだったと思う。その頃から「夢があるから」と言えば、一目置かれると思い込む人が、私の周りに大量に出てきたの。

 その中で聞こえがよかったのが、イタリア留学の夢だね。有名なAV女優が、「イタリア留学資金のために」とひと肌もふた肌も脱いだけど、留学しないまま引退。

 女が「夢」と言えば、男は「ビッグになる」が決まり文句だったけど、どうも最近は、目標でなく、“寝言”を夢というらしいわね。ミュージシャンになりたい、ゲームクリエーターになりたい、お笑い芸人になりたい…。

 言うことは言うけど、具体的にそこに向かって研鑽を積むでなく、まったりとフリーターしているんだって。

 なんでこうなったか。もちろん原因はいろいろだろうけど、周りに聞いたら、小学校の教えも元凶のひとつらしい。「夢はかなう」を前提にして作文を書かせてるんだって。

 そんなホラを思い込ませてどうすんのよ。目標にたどりつくための地味な道筋を淡々と教えるべきなのに、「きみならできる」とあおってばかり。簡単にあおられたら、簡単にできると思い込むのが子供。ホントのところ、何かを成し遂げるのは一筋縄ではいかないし、頑張ったところで願った通りになりゃしない。それをごまかして、キラキラした未来だけ植えつけるのは罪悪でしかないと思う。

 で、私が学校で教わって真に受けなきゃよかったと今も思っているのは、「自分の意見をはっきり言いましょう」だ。おかげでバツイチになって、友達とは仲たがい。飲み屋では「もう帰れ」と言われ、あっという間に60才。もう、どうしてくれるの!

※女性セブン2016年9月1日号