2017年卒の就職活動が本格化する一方で、今年4月に就職したばかりの新卒新入社員がわずか3か月未満で退職してしまうケースが見られる。厚生労働省の調査によると、大卒の新卒者は1年以内に13.1%、3年以内に32.3%が辞めてしまうという。そこで転職クチコミサイト「転職会議」は、新卒入社3か月以内で退職してしまった人や退職を検討中の方々のクチコミデータを調査・分析し、スピード退職の実態について調べた。

スピード退職の実態

■新入社員がスピード退職する理由ランキング

短期間で退職すると、「イマドキの若者は我慢が足りない」「社会を甘くみている」というように思われがちだが、せっかく就職活動を経て新生活をスタートした新入社員が辞める決断をしたのには、それなりの“ワケ”があるはず。現在就職活動をしている人にも、新卒新入社員の採用・育成に携わる人にも読んでいただきたい、スピード退職のワケについて調べた。

スピード退職の実態

1位:時間外労働が多い(62%)
スピード退職者の6割を超える人たちが、過度な残業や休日出勤など長時間労働に悩んでいることがわかった。特に小売・サービス業などでは、アルバイト・パート従業員の不足などの穴埋めや少数運営体制が影響し、最大の退職理由となってしまっている。「5月病」という言葉があるほど、新入社員にとって入社後3か月は新しい環境に慣れるだけでも大変な時期。長時間労働によって疲労が蓄積していくと、精神的にも肉体的にも追い詰められ、“こんな働き方は続けられない”と限界や将来への不安を感じてしまうようだ。

<実際のクチコミ(一部抜粋)>
・月末の休みを潰されたうえ、12時間以上の労働を強制された。サービス残業は当たり前です。(小売業/22歳 男性 販売・接客)
・休日研修の多さが気になりました。店長になればそこまでセミナーはないものの、新入社員の時は休日研修が多いです。月の休みのうち多ければ3日は休日研修のため、あまり休めません。(小売業/22歳 男性 店長・店長候補)
・45分前出勤・閉店後1時間は残業が当たり前です。しかし、みなし残業なので残業代が特別に出ることはありません。(小売業/22歳 女性 接客)
・パートさんが休みになるなど、人手不足になるとほぼ残業になります。上司からの圧迫もあり、プレッシャーは半端ないです。残業代もほぼ出ませんし、週に1日休めるだけで良い方でした。(小売業/22歳 男性 調理・料理長)
・労働時間は半月で50時間オーバーが普通となる。長期休暇という概念は恐らくここでは3連休くらいだろう。人手不足というよりは、少数精鋭といった感じで、全員が週6前提という働き方。若いうちは良いかもしれないが、30代の社員も同じような条件であるため、とても現実的ではないと思う。(サービス業 /22歳 男性 サービス関連職)

2位:社風・体制に不満(36%)
次に全体の1/3超の人が退職理由として挙げたのは、社風や体制に関する不満。新入社員に対する教育・指導方法への不満、体育会系の厳しい社風への違和感、売上を第一とする会社のスタイルに疑問など、入社後にギャップを感じている人が多数いた。こうしたギャップを減らすためにも、就活生には是非、企業研究の際にクチコミサイトを活用し、イメージだけでなく自分に合う社風かどうか見極めていただきたい。

<実際のクチコミ(一部抜粋)>
・店舗により異なるようだが、各店舗の指導方針のようなものがはっきりしていない。人手が足りないブライダル業界で新人育成にも力を入れなくてはならないはずであるが、納得のできる指導をされない場合がある。(サービス業/22歳 女性 フォトグラファー)
・配属先にも寄るかもしれませんが、実績にこだわり過ぎて店の雰囲気がかなり悪い。楽しんで接客をできている人はどれ程いるのだろうかと疑問に思う。また、新人の教育方法にはマニュアルがあるのか疑問に思えるほど上司によって違いがある。そのため辞める人が多いと感じる。(小売業/22歳 男性 販売スタッフ)
・どこの鉄道会社でも同じだと思うが、非常に上下関係に厳しい体育会系の会社なので、慣れることができずに退職してしまう人は多いと思う。体力、精神的にタフでないと厳しいのではないか。(運輸・物流/22歳 男性 その他職種)
・一番改善したほうがいいのは販売の仕方です。強い押し売りで来場した人を囲んでなにがなんでも売るスタイルに嫌気が差します。(小売業/22歳 女性 店長・店長候補)
・女性の社員が1人もいません。オス!ゾス!などの謎な掛け声も。入社1か月後から、洗脳されそうだと思い始め怖くなってきました。私が配属されていた部署では、従業員が20人ほどいて、2年以上働いている人はたった5人、それより下は、4か月未満でした。40代の社員はゼロです。将来性が全く見えません。長く続けられる仕事ではありません。(小売業/22歳 女性/法人営業)

3位:給与が低い、残業代が出ない(19%)
3位は、中途転職者の3〜4割が必ず転職理由として挙げる「給与・待遇」に対する不満。新卒社員の人は割合が少ないものの、労働の対価であり生活の基盤である“お金”に関しては、退職に踏み切る大きなきっかけとなるようだ。また、学生時代の時給・日給で働くアルバイトでは知り得なかった、社員ならではの待遇への疑問・不満も、新卒社員にとって大きなショックとなっているのかもしれない。

<実際のクチコミ(一部抜粋)>
・残業代がほぼ出ないこと、研修が休み扱いになることなど、割と社員の方の善意で成り立っている部分が多いかと思います。(サービス業/22歳 女性 エステティシャン)
・事業所にもよりますが、常に人手不足で、残業はかなり多いです。また、かなり力仕事が多く重労働の割には給与は低いので、やりがいを見つけられないと辛い環境です。(サービス業/22歳 男性 ヘルパー)
・新卒の離職率は一年で約50%。見なし残業制度で、基本給プラス見なし残業となっています。そのためタイムカードはなく店長になると残業、休日出勤は当たり前となっています。(小売業/22歳 男性 店長・店長候補)

4位:ノルマ・プレッシャーがきつい(17%)
僅差で4位に入ったのは、「ノルマ・プレッシャー」に関する不満。新卒入社わずか3か月未満であっても、販売ノルマを課せられる厳しい状況がうかがえる。もちろん、営業職・販売職の場合、自社の商品・サービスを売るのが仕事。成績の良い先輩の売り方に聞き耳を立て、勉強し、ワザを盗みながら成長していく仕事ではある。ただし、ノルマへのプレッシャーは、教育・研修担当者や先輩社員のフォローやちょっとした声がけによってずいぶん緩和されるのではないだろうか。

<実際のクチコミ(一部抜粋)>
・新入社員は全員外勤業務で、家電量販店や携帯の販売員として稼働。研修は基本的なマナー研修のみで、あとは出向先の店舗任せ。そのうえ、大きなノルマを課せられる。(小売業/22歳 男性 個人営業)
・ノルマはないといいますが、ノルマはあります。有給は2年程働かないと使えないと言われました。(小売業/22歳 女性 販売スタッフ)
・ノルマがあったことが辛かったです。4大卒ということだけでノルマの金額が先輩よりも高くて設定されていました。教育のペースも遅いところもあるようで、同期の中でも差がでていたし、そもそも教育担当というものがはっきりしていませんでした。(小売業/22歳 女性 N/A)

5位:人間関係に関する不満(14%)
中途転職者の離職理由として必ず上位に挙がる「人間関係」が、新卒のスピード退職では14%に留まった。3か月という短い期間では、職場での人間関係に耐えられないほどの不満を募らせるまでには至らないようだ。実際に、クチコミで言及されているのは、明らかに社会人としてふさわしくない行動をとる社員の存在や、不当なパワハラへの不満であった。

<実際のクチコミ(一部抜粋)>
・自分を入れて2016年4月入社のメンバーが5人いたが、4月下旬の時点で2名が施設長のパワハラによって解雇されている。(サービス業/22歳 女性 ヘルパー)
・ある方に目をつけられると、精神的に追い詰められていきます。もはや指導ではなくいじめの領域でしょう。ストレス耐性に自信のある方でも心を折られる可能性があると思います。パワハラに四面楚歌、あげくの果てには個人のプライベートにまで口出しされます。(サービス業/22歳 プログラマ)
・社歴が長いある女性社員に嫌われたら終わり、という状況がありました。わからないことを聞くと怒られ、聞かなくても怒られていました。(金融・保険業/22歳 男性 法人営業)

■新卒スピード退職の半数近くが小売業という結果に

今回の調査対象者である、今年大学を卒業して4月に入社した新入社員の方々の業種を確認してみると、半数近くが小売業であった。中でも、「外食・フード」「アパレル」といった店舗での販売・接客スタッフが多く、人手不足などによりアルバイトスタッフ等の勤務が足りない分を入社早々から即戦力として対応しなければならない実態が見て取れる。また、小売業やサービス業など、上位の業種ではそもそも新卒新入社員を多く採用している関係で離職者も相対的に多くなる(離職を見越して多数採用している)背景もあると思われる。

スピード退職の実態

また、厚生労働省の調査結果でも、小売業・サービス業では1年以内離職率が高い傾向となっており、新卒新入社員にとって厳しい労働環境となってしまっていることがわかる。

スピード退職の実態

今回、転職会議に寄せられた新卒スピード退職者からの実際のクチコミを見ることで、その決断の背景には一種の“自己防衛”や、自らの将来を改めて考えた結果であるとわかった。常態化してしまっている産業構造の変革には、相当の時間と労力が必要かと思われるが、業界や職種を問わず、新入社員が希望を持って働き、しっかりとキャリアを重ねていけるよう、会社の制度設計はもちろん、教育・研修担当や周囲の先輩社員によるフォローやちょっとした心配りも大切ではないだろうか。

文/編集部