「Kobo Aura ONE」(楽天発表資料より)

写真拡大

 楽天の子会社のKobo社は18日、7.8インチのフラットスクリーンで防水機能を備えた電子書籍リーダーシリーズの最上位モデル「Kobo Aura ONE」を9月6日に発売すると発表した。

 ハードカバーサイズの大画面タッチスクリーンで厚さは6.9mmと、電子書籍リーダーのなかで最大の画面ながらもっとも薄い製品となる。300ppiの解像度を持ち、画面の明るさの自動調整機能や睡眠への影響が指摘されているブルーライトの放出量を調節するフロントライト技術を搭載する。

 電子図書館サービス「OverDrive」と連携しているため、同システムを導入している公共図書館の利用カードを持つ利用者は、利用している図書館が提供する電子書籍を借りることができる。文字のハイライト、メモの書き込み、内蔵辞書での検索など従来の機能に加え、防水機能を強化、内蔵メモリ容量は約8GBでテキストベースの電子書籍を最大約6,000冊保存が可能。バッテリー持続時間は約1カ月で、512MBのRAMとFast Solo Liteプロセッサの搭載で素早く滑らかなページめくりを実現している。価格は2万2,800円(税別)。