写真提供:マイナビニュース

写真拡大

残暑厳しいこの頃、夜の暑さも厳しいものがある。エアコンや扇風機をつけて寝ている人も少なくないのではないだろうか。今回はマイナビニュース会員305名に、「就寝時の暑さ対策」を聞いてみた。

Q.就寝時に暑さ対策をしていますか
している 69.2%
していない 30.8%

Q.どんな対策をしているか具体的に教えてください(「している」と答えた人に質問。n=211)
■扇風機を回す
・「扇風機を起動する」(33歳男性/埼玉県/その他/その他・専業主婦等)

・「扇風機を適度にかける」(50歳男性/広島県/投資信託委託・投資顧問/営業関連)

・「扇風機を回している。アクエリアスやポカリスエットを飲む」(37歳男性/新潟県/その他/建築・土木関連技術職)

・「扇風機のタイマーをセットして少しでも涼しく」(33歳女性/千葉県/その他/その他・専業主婦等)

・「扇風機を最強で。体調を崩すより暑さを凌ぐこと優先」(47歳男性/東京都/その他/その他・専業主婦等)

・「扇風機を常時付けて、空気を回す(ベッドの方には向けず、直接風が当たらないようにする)」(28歳女性/愛知県/建設・土木/事務・企画・経営関連)

・「部屋をクーラーで冷やしておき寝るときは扇風機をかける」(31歳女性/神奈川県/教育/公共サービス関連)

■エアコンをつける
・「寝る前にエアコンで室温を下げる」(26歳男性/奈良県/その他/その他・専業主婦等)

・「エアコンで切入りともにタイマー設定して利用しています」(42歳男性/神奈川県/コンピューター機器/IT関連技術職)

・「寝る少し前にエアコンをかけ、就寝1時間後に切れる設定にする」(42歳男性/岩手県/その他/その他・専業主婦等)

・「エアコンをつけて涼しくしながら寝る」(33歳女性/東京都/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

・「エアコンかけっぱなし」(53歳男性/滋賀県/官公庁/公共サービス関連)

■寝具や寝間着を工夫する
・「敷布団のカバーを冷却用繊維を使用した物にしています」(70歳男性/大阪府/サービス/建築・土木関連技術職)

・「あまりに暑い時にはアイスノンを使って頭を冷やしながら寝ている」(26歳女性/山口県/食品/専門職関連)

・「冷たい物を体に身につける」(26歳女性/熊本県/その他/その他・専業主婦等)

・「寝苦しい時は、おでこにアイスノンみたいなのをしている、パックシートで顔の油を落としている。首に冷たいタオルをかけてます」(52歳女性/福島県/その他/その他・専業主婦等)

・「薄着で汗をかかないようにする」(27歳男性/新潟県/農林・水産/技能工・運輸・設備関連)

・「クール枕を使っている」(37歳男性/千葉県/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)

・「キンキンに冷やしたペットボトルを足に挟んで寝る」(26歳女性/東京都/繊維・アパレル/販売・サービス関連)

・「夏用の敷パットを使用」(45歳男性/東京都/専門店/販売・サービス関連)

・「吸水性の高い寝間着を着るようにしています」(46歳男性/静岡県/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)

■あわせ技で暑さ対策
・「通気性の良いベッドシーツや扇風機をかける、遮光カーテンで熱を遮るなど」(31歳男性/三重県/教育/IT関連技術職)

・「エアコンは26度で、扇風機を首振りにしている」(54歳男性/埼玉県/海運・鉄道・空輸・陸運/事務・企画・経営関連)

・「エアコンをドライ設定にして、扇風機で空気を拡散」(51歳男性/岩手県/広告・出版・印刷/事務・企画・経営関連)

・「エアコンをつけたり、窓を開けたままにしている」(52歳女性/愛知県/その他/その他・専業主婦等)

・「夏用の布団、クールマット、冷房をタイマー付けて作動」(32歳男性/埼玉県/その他/その他・専業主婦等)

・「窓を少し開けて、涼しい風を家に入れる。それでも暑いときは、扇風機を回し、できるだけエアコンを使わないようにしている」(64歳男性/埼玉県/建設・土木/建築・土木関連技術職)

・「寝具を麻や涼感素材にし、寝る前に寝室の熱気を扇風機で外に出している」(48歳女性/福島県/その他/その他・専業主婦等)

■総評
就寝時の暑さ対策を305人に聞いてみたところ、およそ7割にあたる225人が「暑さ対策をしている」と回答した。さまざまな対策法の中でも多く見られたのが、「扇風機をつける」「エアコンをつける」「寝具や寝間着を工夫する」というものだ。

「扇風機をつける」という人も使い方はさまざまで、タイマーをセットしているという人や、風が直接体に当たらないようにして常時つけておくという人、体調は二の次で強風を送り続けるという人も。「エアコンをつける」という人の中では、「寝る前につけて部屋を冷やしておく」「タイマーをセットして寝る」「寝ている間もつけっぱなし」という3つの方法が主に見られた。

また、寝具や寝間着を夏用のものにするなどの工夫をこらしている人も多く見られた。涼感素材でできたシーツやベッドパッドのほか、冷却ジェル枕も人気。寝間着を薄着にしたり、吸水性の高いものにしたりと身につけるものを替える人も多い。冷たいタオルを首にかけたり、凍ったペットボトルを足に挟んだりと、身の回りにあるもので工夫している人も見られた。

これらの対策を2つ以上組み合わせて行っている人も少なくなかった。特に、エアコンと扇風機を併用している人が多いようだ。ほかにも、エアコンを使わないように「窓を開けた上で扇風機を回す」という工夫をしている人も。一口に暑さ対策と言っても、省エネや快適性など、それぞれが重視する点によってどういった方法を取るかが異なることがうかがえる結果となった。

調査時期: 2016年8月4日〜2016年8月5日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 305名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※画像と本文は関係ありません