卓球女子団体の銅メダル決定戦が終了すると、福原愛選手はまた涙を浮かべた。今回の涙は試合に負けた悔し涙ではなく、対戦相手に勝利した喜びの涙だ。銅メダルを獲得したことで、愛ちゃんのリオ五輪の旅は終わった。

写真拡大

卓球女子団体の銅メダル決定戦が終了すると、福原愛選手はまた涙を浮かべた。今回の涙は試合に負けた悔し涙ではなく、対戦相手に勝利した喜びの涙だ。銅メダルを獲得したことで、愛ちゃんのリオ五輪の旅は終わった。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

8月13日は福原愛選手にとって卓球を初めて25年目の記念日。その卓球人生とは「瓷娃娃」(中国でのニックネームで陶器人形の意)が試合会場でみせてきた可愛い姿の歴史でもある。ここでは25年間の愛ちゃんの「喜怒哀楽」を振り返ってみよう。

1枚目…シンガポールの馮天薇選手に勝利した後に自撮りで記念撮影する福原愛(8月9日撮影)。

2枚目…北京時間の8月14日、福原愛が母親と一緒に写った子供の頃の写真を微博(ウェイボー)で公開し、この特別な日を記念した(写真は福原愛公式微博より転載)。

3枚目…2001年、中国卓球グランプリでの最年少選手は当時12歳の日本の福原愛選手だった。彼女は7日の第2ラウンドの試合で1対3で中国の選手に敗れた。

4枚目…2004年4月10日、五輪卓球アジア予選が北京で行われ、女子シングルスに日本の福原愛選手が出場、2回戦でインドの選手に勝ち、五輪に一歩近づいた。

5枚目…2006年6月24日、ドイツのブレーメンで開催された第48回卓球世界選手権団体戦で、日本女子チームがロシアチームと対戦、0対2でリードされる日本の福原選手。

6枚目…2008年8月7日、北京五輪の日本卓球選手団が選手村の記者会見に出席、笑顔で質問に答える日本女子チームの主力選手「瓷娃娃」こと福原愛選手。

7枚目…2009年4月29日夜、「瓷娃娃」こと福原愛選手が初めてペアを組んだ日本卓球界の新星、松平健太選手と共に第50回世界選手権の試合会場に姿を現した。ラトビアとの混合ダブルスの試合では4対0で勝利、幸先の良いスタートをきった。写真は試合に勝った後、嬉しそうにペアの松平選手と談笑する福原選手。

8枚目…2009年12月7日、2009年東アジア競技大会の卓球競技は最終日に突入、女子ダブルス決勝戦で日本の福原愛・石川佳純ペアはもう1つの日本ペアである藤井寛子・若宮三紗子ペアに勝ち、金メダルを獲得した。写真は試合中の福原・石川ペア。

9枚目…2010年11月20日午前、広州アジア大会の卓球女子シングルス準決勝が広州体育館で開催され、日本の福原選手がリードしながらも中国の郭躍選手に逆転され決勝を逃した。泣き虫愛ちゃんは今回の試合で負けたものの笑顔で会場を去った。

10枚目…現地時間2012年7月31日、ロンドン五輪女子卓球シングルス準々決勝で4対0で中国の丁寧選手は日本の福原選手を破り、準決勝へと進んだ。写真は悔しそうな表情を浮かべる福原選手。(提供/人民網日本語版・編集JK)