<リオデジャネイロ五輪ゴルフ女子 2日目◇18日◇オリンピックゴルフコース(6,245ヤード・パー71)>
 7時52分(日本時間19時52分)にスタートした野村敏京がホールアウト。初日の2アンダーからスコアを2つ伸ばし、通算4アンダーの暫定10位タイと好位置で2日目を終えた。
【関連写真】オリンピックのオブジェの前で記念撮影をする日本代表の2人
 野村はボギーが先行(2番パー4)したものの、4番パー3ですかさずバーディ。後半に入り11番パー4でバーディを奪い、最終18番パー5でも2オンに成功。イーグルこそ逃したものの楽々バーディとした。
 9時36分(日本時間21時36分)にスタートした大山志保は10番を終了。5番パー5、6番パー3、9番パー4でバーディを奪い、前半はスコアを3つ伸ばした。後半の10番パー5でボギーをたたいたものの、こちらも好調なプレーを続けている。
 また、日本ツアーでもおなじみのテレサ・ルー(台湾)が、この日4アンダー、通算5アンダーの暫定8位タイに順位を上げてフィニッシュした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【申ジエのリオ展望】
韓国国内の雑音を一蹴 手負いのインビー・パークが2位発進
選手村生活を満喫中 絶好調ジュタヌガーンが五輪でも躍動
【リオ注目女子2】野村敏京のクラブセッティング