日本と中国は海で隔てられているとはいえ、隣国同士であることに変わりはない。だが、現在の日中関係や日中国民の互いに対する感情は決して良好ではないのが現実だ。多くの中国人旅行客が日本を訪れ、草の根の交流が行われていることはせめてもの救いといったところだろう。中国メディアの微頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客による手記を掲載し、中国人の目に映る日本を紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国は海で隔てられているとはいえ、隣国同士であることに変わりはない。だが、現在の日中関係や日中国民の互いに対する感情は決して良好ではないのが現実だ。多くの中国人旅行客が日本を訪れ、草の根の交流が行われていることはせめてもの救いといったところだろう。中国メディアの微頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客による手記を掲載し、中国人の目に映る日本を紹介している。

 記事は、日本を訪れた中国人旅行客が日本に対して抱いた第一印象は、大多数の中国人たちと同様に「静かで、清潔で秩序があること」だったと紹介。空港であろうと地下鉄であろうと、繁華街であろうと日本では「騒音」がなかったと紹介。携帯電話で話をするにしても、公共の場所であれば口元に手を当てて他人に迷惑をかけないよう配慮していたことが印象深かったと伝えた。

 さらに、日本では街の清掃員がいなかったことも気になったと紹介している。中国では逆に道路には清掃員がいて、掃除をしていることが一般的だ。清掃員がいるからゴミをポイ捨てする人が後を絶たないのではないかと思えるほどで、中国人がゴミをポイ捨てしなくなったら清掃員が職を失ってしまうという意見もある。

 また記事は、日本人は列に並ぶのが好きだと伝えつつ、誰に指示されるでもなく自然に列ができる様は非常に興味深いと指摘。日本滞在中、同中国人が自動販売機で飲み物を購入しようとしたが、使い方よく分からずにしばらく戸惑っていたところ、日本人女性が後ろに黙って立って列を作っていたと紹介、列の前の人を急かすわけでもなく、ただ立って待っていたため非常に驚いたと振り返った。

 記事によれば、同中国人は「中国人から見て、日本と中国は近いようで遠い国」であると指摘しているが、訪日して自分の目で見た日本は「すばらしい」ものばかりで、日本人の善良な人たちばかりだったと伝えている。日中関係が冷え込むなか、日本を訪れた中国人が日本で良い思い出を作ることは将来的な日中関係の改善に寄与するかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)