お好み焼きは「主食」か「おかず」か?(shutterstock.com)

写真拡大

 設問:次の4つから「ありえない組み合わせ」を選びなさい(複数回答可)。

 .僖好拭椒僖
 △Δ匹鵝椶やくご飯
 ラーメン+チャーハン
 い好み焼き+ご飯。

 元来、正解のある類いの設問ではないが、普段から「炭水化物×炭水化物」の組み合わせをNGと律している方の場合は全部がアウト。また、´↓はなんら問題なしでも、「さすがにこの組み合わせはありえないぞ」とい法をした方もいるのでは?

 一方、い盍泙瓠屬△蠅┐覆ち箸濆腓錣擦覆鵑、どこにもおらへんぞ!」と首を傾げた方は、おそらく関西出身者だろう。「粉もんパラダイス」の関西圏では、い癲屐蔑派な)おかず+ご飯」の組み合わせだ。

関西人の常識は他県の非常識?

 いずれも「炭水化物+炭水化物」の組み合わせ、言い換えれば「主食の重ね食べ」であることに違いはない。しかし、出身県や幼少期からの食習慣によって、その回答の選択肢が分かれるところ。とりわけ関西人にとっては、い里澆髻崟飢髻廚冒ぶ大方の人々の感覚自体が、「それこそ、ありえへん」のかもしれない。

 そんな関西人の食生活の実態が明らかにされたのが、先日、大阪府健康医療部が公表した『大阪版健康・栄養調査結果』(速報版)だ。なかには「主食の重ね食べをどう思うか?」などのシビアな設問もあり、地元発のやや耳が痛くなるような実態と本音の声が読み取れた。

 府民を対象に食への意識と行動を中心に独自の健康・栄養調査を行なったのは、大阪府としても初の試みである。成人調査の項は昨年11〜12月に実施され、国民生活基礎調査世帯から抽出した1564世帯の18歳以上の人々が回答を寄せた(回答率61.3%=1858人)。

4人に1人は毎日「粉ざんまい」

 主食の食べ重ねに関する回答グラフを一瞥すると、「お腹いっぱいになると思う」と「大阪らしいと思う」という肯定系の回答率が世代別・男女別を越えて、ほぼ同じような数値(=同率2位的に)で並んでいる。

 一方、やはり世代別・男女別の枠を越えて最も回答率を稼いだのが、「太りそうだと思う」という懸念傾向の意見である。女性の5〜6割がそう考えており、男性層でも3〜4割にのぼっている。

 しかし、いくら心ではそう思いつつも、「週1食以上」は主食の重ね食べをしている男性が61%、女性が47%。さらに「1日1食以上」という粉ざんまい(粉まみれ?)派が4人に1人にもなった。

 この週1食以上(毎日1食以上を含む)重ね食べをしている人の割合を体格指数別で見ると、BMI25以上の「肥満型男性」が70%強おり、女性も56%強を占めた。これはBMI18.5%未満の「やせ形男性」の53%、「やせ形女性」の41%と較べれば、15〜17ポイントの差が認められる。

 もっとも、大阪府によれば、18歳以上の肥満割合は男性で25%、女性で18%と、いずれも20歳以上の全国平均よりは「低め」なんだとか。つまり大阪名物の食文化である「主食の重ね食べ」を一概に悪者扱いはできないのだが......。
大阪府も『太めの人、「主食重ね食べ」にご用心!』

 それでも他の都道府県民からすれば、その象徴的コンビである「お好み焼き+ご飯」は聞くだにコテコテのW炭水化物ぶりで腰が引けるのも確かだろう。

 この主食の重ね食べの実態に関する大阪府の見解(=章の見出し)は、『太めの人、「主食重ね食べ」にご用心!』と、「食」の字が繰り返さるイエローカードっぽいもの。

 もちろん、このテの県民別食事情の功罪例はいくらでもあって、過去記事(「うどん県」は「メタボ県」!? あの県の小4の1割が肝機能・脂質・血糖値に異常!)でもネタにしている。

 吉本芸人の席捲に象徴されるごとく、大阪人の上京派が増殖気味のTOKYO。それに応じて、「お好み焼き定食(有り)」の看板メニューを掲げる店ももしかしたら増えているのかも......。

 いや、冒頭の´↓の組み合わせだって、「セット」の2文字や「定食」の3文字がついた途端、ランチ時の空腹感を魅了してやまないもの。げに恐ろしきはコトバの魔力だろうか?
(文=編集部)