Doctors Me(ドクターズミー)- 【キスマイ玉森・藤ヶ谷表紙】anan SEX過去特集を医師が解説!

写真拡大

毎年大きな話題を呼ぶanan(アンアン)SEX特集。今年はHKT48の指原莉乃さんが表紙でしたね。
前回Doctors Me編集部では、この2016年の特集で気になった「SEX」への疑問を取りあげ、大きな反響をいただきました。

今回はキスマイの玉森裕太さん、藤ヶ谷 太輔さん等が表紙を飾った過去のananSEX特集について、医師に聞いてみました。

【Kis-My-Ft2 玉森裕太表紙】anan SEX特集2015

2015年のanan SEX特集では、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが表紙を飾っており、「愛とセックス」をテーマに玉森さんは女性の経験値について、以下のように語っておりました。

「引いたりはしません。始まったらノンストップ。過去なんて彼女に思い浮かばせない」


甘いマスクとは裏腹に、ワイルドな一面を語った玉森さん。そんな2015年のanan SEX特集で気になった疑問を取りあげてみました。

男性が中折れしてしまうのはなぜ?


・SEXに対する不安
・中折れへの緊張や焦り
・SEXの相手との気持ちのすれちがい

男性が中折れしない「メンタルトレーニング法」


・中折れしてはいけないというプレッシャーをなくす
・女性にとって射精だけがSEXの中心ではない
・中折れ自体、誰にでも起こること

【Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔表紙】anan SEX特集2013

2013年のanan SEX特集では、同じくKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが表紙で見事な肉体美を披露しています。
なんでも、食事制限で4kgの減量してから撮影に挑んだそうで、その中で藤ヶ谷さんはインタビューで独自の恋愛観を語っていました。

「僕は好きな女の子はいじめたくなるので、たとえば『電気を消して』といわれたらつけちゃうタイプ(笑)」


減量のストイックさと、自分流のこだわりを見せてくれた藤ヶ谷さん。そんな2013年のanan SEX特集で気になった疑問を取りあげてみました。

SEX中の言葉と快感の関係性


SEX中の言葉は、特に女性にとっては性的な興奮を高まらせるトリガーの役割を果たすといわれています。
比較的、短時間でSEXしたいと思う男性と比較して、いくつか興奮を高めるための段階が必要なのが女性の的興奮だといわれております。

そのうちの非常に大切なものの一つがさりげないスキンシップや、言葉だといわれます。
もちろん男性においても、親密感を高めたり、特別な相手と感じるために言葉は非常に有効ですね。

「男性が前戯として嬉しいこと」を検証


Q. 男性が前戯として相手にしてもらって嬉しいことは何ですか?
1位.フェラチオ(61%)
2位.激しいディープキス(35%)
3位.下着の上から性器を触る(23%)

<医師の検証コメント>
フェラチオや下着の上から性器を触る、というのは、性器が最大の性感帯であるということからこれはわかりやすいですね。
挨拶の軽いキスではなく、激しいキスについては、恋人同士のあいさつのキスではなく、SEXを連想させるというのも頷けるように思います。

「男性が感じる部位」を検証


Q. 男性が女性にどこを責められると、感じますか?
1位.性器(80%)
2位.乳首(37%)
3位.耳(20%)

<医師の検証コメント>
こちらも個人差はありますが、性器・乳首に関しては男女を問わず敏感で感じやすい部分でしょう。
また、耳も触れられたり、息を吹きかけられると興奮するという方も多いようです。くぼんでいる部分や、汗をかきやすい部位がくすぐったく気持ちよく感じやすいと言われています。

「SEX中、女性にしてもらいたいこと」を検証


Q. SEX中、女性にしてもらいたいことは何ですか?
1位.声を出すなどの反応をみせてほしい(46%)
2位.やりたい体位の提案をしてほしい(42%)
3位.顔を隠さずに見せてほしい(26%)

<医師の検証コメント>
全体として、ただ寝ているだけではなく、積極的に参加してほしい、恥ずかしがりすぎずにもっと自分をさらけ出してほしいという欲求が見て取れます。
これは、SEXが好意をもつ者同士、2人でおこなうものであるということからきている結果ではないでしょうか。

「SEXで女子にお願いしたいこと」を医学的に検証


Q. SEXに関して、女子にお願いしたいことは何ですか?
1位.マグロにならないで(37%)
2位.とにかく拒否しないで(31%)
3位.もっと「したい」って言って(29%)

<医師の検証コメント>
女性に対してもっとSEXに積極的になってほしい、お互いに求め合うSEXをしたいという男性の切なる願いが読み取れます。

【小嶋陽菜表紙】anan SEX特集2012

指原莉乃さんが表紙を飾った2016年のanan SEX特集ですが、2012年は、同じAKB48グループメンバーの小嶋陽菜さんが表紙を飾っており、撮影の裏話を語っておりました。

「かわいい”じゃなくて“セクシー”を求められる撮影はあまりないから、ちょっと難しかった。口を半開きなんて、めったにないですもん。」


AKBの中で最初にananSEX特集に抜擢された小嶋陽菜さん。そんな2012年のanan SEX特集で気になった疑問を取りあげてみました。

医学的に考えるオーガニズム


オーガズムとは、性的な興奮が高まった時に、突然緊張が解け、骨盤の周囲の筋肉が律動的にけいれんし、強い快感を伴って力が抜けていくものをいいます。

膣でイク=中イキ のメカニズム


膣の中にある性感帯であるGスポットなどを刺激することによってオーガズムを起こすものです。場所柄、性器や指の挿入行為によって起こることになりますね。

クリトリスでイク=外イキ のメカニズム


女性の代表的な性感帯であるクリトリスによる刺激でオーガズムを起こすものになります。
体表に出ていることからこのような呼び名があるものと思われます。

「外イキ」が多いのはなぜ?


Q. イクときはどこでイク?
1位.クリトリス(64%)
2位.膣(Gスポット)(20%)
3位.ポルチオ (12%)

理由


1位のクリトリスが圧倒的に多い所から、わかりやすく、刺激が伝わりやすい部位であることが影響していると考えられます。

性別によるSEXへの価値観

男性に比べ、女性のSEXの好みは即物的でない、というような言い方をされることがありますが、個人差はもちろんあるでしょうがこの結果を見る限り、そのような傾向は見て取れるようには思います。

ただ、お互いに好意を持つ男女の間で起こることですから、できるだけ双方が満足できるように行いたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)