美容皮膚科で行うシミ取り治療って実際どんなことするの?

写真拡大

メラニン色素が肌の奥底でとどまってしまい、シミになってしまった・・・という場合、どうにかシミを退治したいと思いますよね。

そんな時には美容皮膚科へ行ってみましょう。シミ取り治療を行ってくれます。しかしシミ取りといっても、どんな治療を行うのでしょうか?

レーザーやフラッシュを照射する

シミは最初は肌の表面近くにできていますが、年数がたてばたつほどに奥へ沈んでいき、レーザーでしか対応できなくなります。特殊レーザーを当ててシミをとるのですが、全てのシミに1つのレーザーが効果があるはずもなく、シミの種類に対してレーザーの種類も異なります。

主なシミや最適治療法として

肝斑の場合、まだ経過を監視できますから、ハイドロキノンやトラネキサム酸を服用することで改善することができると言われています。

ただし、その他そばかすはレーザーや老人性色素斑はレーザーやフォトフェイシャル、脂漏性角化症は液体窒素による冷凍凝固法というものがありますし、CO2レーザーというものがあります。

保険は適応されないので注意を

美容皮膚科でのレーザー治療では保険適応外となります。ですからすべて実費となります。覚えておきましょう。

何故実費なのか?と言えば、それは健康上の問題もなく、美容目的で受ける治療だからです。

ですから、まずは最初にシミを発見したらすぐさま皮膚科へ受診し、ハイドロキノンやトレチノイン酸をもらうようにしましょう。まだその間なら服用、塗布で治るケースもあります。