「強みはデザイン」という分析から、2016年6月のマイナーチェンジでは顔つきを一新し、伸びやかなサイドビューを強調したトヨタ・エスティマ。

1

メインテーマであるフェイスリフトは、バンパー、ラジエーターグリル、フェンダー、エンジンフードの変更という大がかりなもので、大開口のアンダーグリルと張り出し感を強調したバンパーコーナーの形状が大きな特徴となっています。

伸びやかなサイドビューもエスティマの魅力で、さらに強調すべくフロントノーズの突き出し感を演出することで印象的な佇まいとしています。

リヤは、赤基調のリヤコンビネーションランプを採用し、LEDライン発光ストップランプ、面発光テールランプの組み合わせにより先進性を主張。また、ミニバン初のブラックルーフと組み合わせたツートーンカラーを設定しているのも見逃せません。

内装もデビューから10年経ったことで「プラスチッキー」という声に応えて、合成皮革を使った柔らかめの素材のインパネにして、メーターパネルを一新。新デザインのオプティトロンメーターには、4.2インチカラーTFTのマルチインフォメーションディスプレイが採用されています。

さらに、大型ナビと一体化されたタブレット端末を想起させるセンタークラスターに静電式スイッチを配置することで、先進性を感じさせるインパネまわりとしているのも特徴。

内装色では、ピラーと天井を含めてブラックで統一し、グレード別にシートカラーを用意することによりスタイリッシュな空間に仕立てられています。

  

装備面での注目点は、待望といえる「Toyota Safety Sense C」の全車標準装備化でしょう。より高度な「Toyota Safety Sense P」の採用は、フルモデルチェンジ並の大幅な変更が欠かせないですが、マイナーチェンジで打てる手はしっかりと打たれているようです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

トヨタ新型エスティマ、フェイスリフトでミニバン初のツートーンカラー、Safety Sense Cも採用(http://clicccar.com/2016/08/18/393159/)