『サイボーグ009』新作の豪華声優陣。左から009島村ジョー役の河本啓佑、003フランソワーズ・アルヌール役の種田梨沙、001イワン・ウイスキー役の福圓美里、002ジェット・リンク役の佐藤拓也 (C) 2016「CYBORG009」製作委員会

写真拡大

石ノ森章太郎原作の人気コミック「サイボーグ009」の初アニメ化から50周年となる今年、同作を完全オリジナルストーリーのフル3DCGでアニメーション化した映画『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』が公開。その豪華声優陣が発表となった。

『サイボーグ009VSデビルマン』が世界190ヵ国での配信決定!

009の主人公・島村ジョーの声を演じるのは河本啓佑。003のフランソワーズ・アルヌールの声優に種田梨沙、001のイワン・ウイスキーに福圓美里、002のジェット・リンクに佐藤拓也、004のアルベルト・ハインリヒに日野聡、005のジェロニモ・ジュニアに乃村健次、006の張々湖(ちゃんちゃんこ)に真殿光昭、007のグレート・ブリテンに佐藤せつじ、008のピュンマに石谷春貴が、それぞれ声を演じる。

島村ジョー役の河本は「幅広い世代のみなさまから愛され、歴史を刻んできている作品ですので、今回この作品に関われることを誇りに思います。これまで繋いできた想いを裏切らないよう大切に大切に演じさせて頂きました!」とコメント。

フランソワーズ・アルヌール役の種田は「『サイボーグ009』はアニメで何度も親しんできた作品だったので、今回自分が003という重要な役で関わることができ、大変光栄です。プレスコという形でのアフレコは初だったので緊張しましたが、みなさんのお芝居をより身近に感じることができました」と話し、柿本広大監督は「プレスコで作られているこの作品は声優のみなさんの演技を聴きながら絵を作っています。個性的かつ実力の確かなみなさんの迫真の演技が映像を作るスタッフのイメージを刺激し、素晴らしいカットがいくつもできました。そんな中で、河本さんの演じられた009は、甘い中にも芯の通った強さのある声でリードしてくれ、種田さんの003の優しく、落ち着きのある女性らしい芝居はゼロゼロナンバーサイボーグたちを包み込んでくれました」とのコメントを寄せている。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は第1章が11月25日から、第2章が12月2日から、第3章が12月9日から、各章2週間限定で劇場上映される。