あえて昭和!でも中身は最新!家具調テレビ風液晶テレビ

写真拡大

4K、さらには8Kなど次世代高画質テレビの時代に突入しましたが、一方で画質面では十分満足しているので、よりデザインを重視したいという方もいるのではないでしょうか。個性的な色や形のテレビも現れる中、あえてレトロな昭和デザインが登場です。

[関連記事]赤・青・白!インテリアになるデザインTV

収納スペースもたっぷり!インテリアとして部屋にも馴染みます

エディオンから発売される「EREO」は、昭和のデザインを復元した液晶テレビ。とはいえ、ただデザインを復元しただけでなく、こだわって作られた一品です。懐かしい木製キャビネットは、飛騨で職人が手掛けたもの。どっしりとした安定感は現代の和室にも映えます。

_MG_9700

また、家具調テレビならではの天板は耐荷重30キロもあるので、小物などの飾り棚にうってつけ。ダイヤルチャンネルは実はフェイク、中にリモコンを収納できます。また、スピーカーを両サイドに搭載しているので、迫力ある音を楽しむことも!

_MG_9695

_MG_9728

 

収納力があるので、ふつうのテレビ+テレビ台よりもすっきりとしたインテリアになるかもしれないですね。

FEP >> http://www.fep-j.com/products/ereo.html

エディオンネットショップ >> https://www.edion.com/CSfDispListPage_001/004018

(文/&GP編集部)

[関連記事]
スチールデスクにしっくり!レトロな名刺整理ケース

スマホで音楽を聴くならインテリアに合うレトロ調ラジオ

iPhoneより薄い!最薄部約4.6mmの有機ELテレビ