17日、韓国の人気ガールズグループ「少女時代」のメンバーが自身のSNSに旭日旗のデザイン文字を使用したとして韓国で批判を浴びる中、韓国鉄道公社が運行する観光列車にも旭日旗のデザインが使われていると指摘され問題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年8月17日、韓国の人気ガールズグループ「少女時代」のメンバーが自身のSNSに旭日旗のデザイン文字を使用したとして韓国で批判を浴びる中、韓国鉄道公社(KORAIL)が運行する観光列車にも旭日旗のデザインが使われていると指摘され問題となっている。

問題の南道海洋観光列車(Sトレイン)は13年から運行中だが、17日、列車を利用した26歳の女性イさんがカフェ車両のインテリアに旭日旗デザインを発見し告発した。カフェ車両には海外の人気ポップグループのアルバムがインテリアとして使用されており、このうち米国のガールズグループ「プッシーキャット・ドールズ」のアルバムジャケットが問題となった。もちろん旭日旗そのもののデザインではないが、中央に赤いハートマーク、周囲に赤と白のラインが放射状に配されているところから、「旭日旗に似ている」と指摘されたのだ。

イさんは「公営企業であるKORAILがこうした柄を何の検証もなしに使ったことが問題」とし、「年に数万人もの人がこのデザインを見るのに、そのままにしておくなどとんでもないことだ」と主張した。一方KORAILは「『思い出の音楽喫茶』というコンセプトのコーナーを作ろうと米国の有名グループのアルバムを展示したもので、まったく故意ではない」としながらも、問題のアルバムを速やかに撤去し他の物に交換する方針を明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「ティファニー(旭日旗問題で批判された少女時代メンバー)に加えてKORAILまでもが旭日旗を堂々と…歴史認識なんてものはどこにもないんだな」
「とうとうKORAILまで国民を犬や豚と見なし始めたか」
「KORAILが右翼企業だとは前から知っていたけど、こうまで日本を褒めたたえるとは」

「いつの時代だと思ってるんだ?観光列車に使うなんてとんでもない。まったくあきれる」
「これを使った人間は国家反逆罪だ」
「ライターで火をつけて破り捨てろ」
「戦犯旗かどうかは別にしても、こんな汚らしいデザインをなぜ使う?」

「これからは赤い丸を描いただけでも反逆者になる」
「プッシーキャット・ドールズがいつから日本のグループになったんだ?」
「こじつけが過ぎるよ。日本といえば何でもアレルギー反応を起こすのはむしろ恥ずかしい」(翻訳・編集/吉金)