米アマゾン、SNSで「無料のオリジナル番組」を公開

写真拡大

米アマゾンが、オリジナル番組10作品のパイロット版をYouTubeとFacebookで無料提供する。まずは多くの人に番組を見てもらう機会をつくり、Amazonプライムの会員増加へとつなげることが狙いのようだ。

「米アマゾン、SNSで「無料のオリジナル番組」を公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンが、自社で制作する番組「オリジナルシリーズ」の公開先を増やそうとしている。同社は、YouTubeやFacebookなどのソーシャルメディアに、誰でも無料で視聴できるオリジナル番組のパイロット版10作品をアップロードすると発表した。

『Broadcasting and Cable』の報道によると、ゴールデンタイム向けの番組5作品と、子ども向け番組5作品のパイロット版を、YouTubeチャンネルとFacebookページで提供するという。

ゴールデンタイムの番組には、フィリップ・K・ディックのSF小説『高い城の男』を原作とする「The Man in the High Castle」(日本語版記事)のほか、父親がトランスジェンダーだとカミングアウトした一家を描く「トランスペアレント」、ハードボイルド作家マイクル・コナリーの作品が原作の「BOSCH / ボッシュ」などが含まれている。

現在は、これらの番組全編を視聴できるのは「Amazonプライム」会員に限られている(エピソード1については、会員以外も無料視聴が可能)。

アマゾンのYouTubeチャンネルはすでに登録者が3,300万人を超え、Facebookページの「いいね!」は2,600万を上回る。今回の取り組みによってどのくらいの視聴者がAmazonプライムの会員になるかはわからないが、これらの無料エピソードにオーディエンスがつくことは確実だろう。

10作品はすべて、アマゾンのYouTubeチャンネルにすでにアップロードされている。

RELATED