【新Eクラス試乗】その実力は驚異的。最新のベンツは自動運転に本気!

写真拡大

「Eクラス」は、メルセデス・ベンツにとっての屋台骨。

たとえメルセデスAMG「GT」といったスーパースポーツがブランドイメージを押し上げ、世のエグゼクティブが「Sクラス」の中でくつろぎ、コンパクトカーの「Aクラス」「Bクラス」が顧客の裾野を広げ、新たにGLの頭文字を与えられたSUV系モデルが話題の中心になろうとも、何はともあれ、Eクラスが堅調に売れてこそ経営が安定する…という重要モデルです。

それだけに、Eクラスのモデルチェンジには、メルセデス・ベンツも気合いが入ろうというもの。

2016年の年初にデビューし、5世代目となった“W213型”Eクラスは、シャーシから刷新した入魂のニュージェネレーションです。ホイールベースを先代モデル比で65mm長い2940mmにして居住空間を拡大し、しかしボディサイズは、全長4930(先代のE250 アバンギャルド比プラス40)×全幅1850(同マイナス5)×全高1455(同寸)mmと、最小限の拡大にとどめられました。

エクステリアは、ちょっぴり小さなSクラス、といった感じ。弟分の「Cクラス」も“プチSクラスルック”を採っているので、メルセデス伝統のFRセダンは、キッチリ、イメージが統一されました。昨今のメルセデスは、先に述べたように実用FFモデルやSUV系のラインナップ充実に努めているので、セダンのイメージが拡散・希薄化することを嫌ったのでしょう。

しかもメルセデスの新世代セダンは、押し出し重視のプレミアムモデルでありながら、優雅な尻下がり(に見える)フォルムが与えられました。普通なら、フロントにゴツいグリルを光らせて、肩ひじ張って、オシリも突き出して…となるところです。最近のメルセデスは、さり気なくアグレッシブなデザイン戦略を採っているんですね。

メルセデス・ベンツ Eクラス

日本市場には、まずは2リッター直4ターボ(184馬力/30.6kg-m)を搭載した「E200 アバンギャルド」(675万円)と、「E200 アバンギャルド スポーツ」(727万円)が輸入されます。ディーゼルやV6モデルは追って投入される予定。

ちなみに、それ以降のトップモデルとなる「E400 4マチック エクスクルーシブ」(988万円)では、ノーズのスリーポインテッドスターが、平面的なエンブレムから、屹立するマスコットタイプになります。

メルセデス・ベンツ Eクラス

 ■“カーシェアリング”にこそ自動運転は有効!?

今回ドライブしたE200 アバンギャルド スポーツのドアを開ければ、ダッシュボードには12.3インチのワイドディスプレイがふたつも! そのさまは、いかにも21世紀のメルセデス。

メルセデス・ベンツ Eクラス

もうPC画面みたいなもので、さまざまな意匠のメータ類、車両情報、エンターテインメント関係、そして地図などが自在に映し出されます。

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス

試乗車は、大きな液晶画面にマットなウッドパネル(ブラックアッシュウッド)を組み合わせ、さらに、オプションのナッパレザーパッケージ(45万円)をおごって、“プレミアム”な室内を演出していました。“サイエンスとネイチャーの高次元な調和”といったところでしょうか。Eクラスは、標準仕様でレザー内装ですから、豪華なものです。パネル類には、より一般的なアルミパネルやウォールナットのウッドパネルも用意されます。

E200に搭載される2リッターターボは、贅沢な9速ATと組み合わされ、1700kgのボディを過不足なく運びます。

メルセデス・ベンツ Eクラス

4気筒モデルには“アジリティ コントロール サスペンション”が標準装備されます(V6モデルはエアサスペンション)。これは“セレクティブダンピングシステム”と呼ばれるバイパスチャンネルを備えたダンパーを持つサスペンションで、細かい凹凸はバイパスチャンネルで吸収し、ハードなコーナリング時などにはメインバルブが働き、しっかりロールを抑えてくれます。乗り心地と良好なハンドリングを両立させる仕組みです。

…といったトラディショナルなハードウェアの進化に加えて、新型Eクラスにはもっと大きな(!?)目玉があります。“自動運転”…というと、まだいい過ぎなので、“運転支援システム”の拡充が大きなトピックです。

今回、新しいEクラスを試乗して痛感したのが「いよいよクルマもPCみたいになってきたな…」ということ。PCやスマホと同様、これからもハードウェアは着実に良くなっていくでしょうが、それ以上に、ハードウェア(=クルマ)を動かすソフトウェアの進化が重要になってくるのです。

従来から、1台のクルマには無数のマイクロコンピュータが搭載され、ネットワークを結んで機能してきましたが、自動運転の実用化に向け、にわかに黒子からステージの中央でスポットライトを浴びる存在になった、そんな印象を受けました。

試乗に先立って行われた説明会では、メルセデスの目指す方向として、クルマが「自分で周囲を監視」、「交通状況を判断」して、「自立的に走る」ことが示されました。新型Eクラスに搭載された“ドライブパイロット”は、先行車に従って自車の速度を調整し、自動でステアリングを切り、渋滞時には、やはり自動でストップ&ゴーをこなします。さらに! 運転者がターンシグナルライト(ウインカー)を2秒以上点灯させると、周囲の安全を確かめてから、勝手に(!?)車線変更をして、そのまま走り続けるのです!!

メルセデス・ベンツ Eクラス

「Eクラスは自動運転に本気だ!」と感じさせる新しい装備として、“アクティブエマージェンシーストップアシスト”が挙げられます。これは、ドライバーがなんらかの理由で意識を失って運転操作を行わなくなった(行えなくなった)場合、自動的に車線を維持しながら、穏やかに減速、停止するシステムです。“安全”と“自動運転”は、必ずペアで語られるべき事柄ですから、自動運転ならではの危険性にひとつの解決策を提示した同システムは、自動運転の実現に向けた象徴的な新機能といえます。

もうひとつ、本国から来たメルセデスのエンジニアの説明を聞いて、個人的にショックを受けたのが、自動運転技術を活用した“カーシェアリング”のアイデア。直接Eクラスには関わらない将来的な構想に過ぎないのですが、こんな感じです。

個人でクルマを所有するのが合理的でない都市部においては、皆でクルマを共有→その場合、問題となるのが駐車場の位置→自宅から遠すぎると使いづらい→そこで、合図ひとつでシェアされているクルマが、自動運転の技術を活かして自動的に玄関前までやってくる、というもの。その上、限られた場所しか走らないコミューターとして使うのなら(一定の安全確保が現実的なので)完全な自動運転も夢ではない、と。

ビックリしました! メルセデス・ベンツといえば“20世紀の恋人”たるクルマを、名実ともに生み、育て、熟成させてきたメーカーです。19世紀末に、ベルタ・ベンツ(カール・ベンツの妻)が、マンハイムからプファルツまでのドライブを敢行してから21世紀の今日に至るまで、クルマといえば「個人(家族)が所有して」「自分で運転して」「好きなように走る」ことが当たり前。また、それがクルマの存在意義でもありました。

もし自動運転を活用したカーシェアシステムが実現し、普及したなら、これまでクルマと思っていたモノが、全く違う存在になるかもしれません。馬とクルマとの距離に劣らず、現在のクルマと近未来のクルマが違った存在になる可能性があります。なんだか大袈裟なハナシになって恐縮ですが、そんな感想を抱かされた新型Eクラスの説明会でした。

 ■ベンツの基幹らしい今後の熟成に期待

さて、新型Eクラスは、フロントに3つ、リアにふたつのレーダーを備え、ステレオカメラで前方を監視します。こうしたハードウェアは、いまや目新しいものではなくなりましたが、ソフトウェアの追加・改良で、それらの使われ方がどんどん洗練されていくのです。

新しいEクラスは、周囲を見回してドライブパイロットを実行し、時に、車線から外れそうなこと、死角に他車がいることなどを警告し、場合によっては、クルマや歩行者にブツかることを防ぐ、または被害を減少させるために自動ブレーキをかけます。さらにニューモデルでは、ステアリング操作までアシストし、衝突を回避する機能も追加されました。

ステレオカメラは、照明システムとも連動しています。“マルチビームLEDヘッドライト”はその名のとおり、片側84個のLEDが3段に並べられた先進デバイスで、前方の風景をデジタル化した情報をカメラから得て(1秒間に約100回更新されます)、必要な場所を的確に照射し続けます。ヘッドランプをハイビームにしたままでも、前走車を眩惑する光を発するLED群はオフにして、一方、他車の周囲やカーブの先は、オンのままのLEDで明るく照らしてくれるのです。

メルセデス・ベンツ Eクラス

さまざまな新技術を採用したEクラスですが、ステアリングホイールを握って走ってみると、総じて“順当な仕上がり”といったところ(上から目線でスイマセン)。例によって、職業的なアラ探しをすると「いまひとつ洗練されないエンジン音がけっこう室内に入ってくる」、「標準設定である『コンフォート』モードでの出足/加速に、もう少しパンチが欲しい」、「乗り心地がやや骨っぽい」といったコメントが頭の中に浮上してきますが、いずれも「メルセデスの新型Eクラスなのだから」という過剰な期待から生じたもの。妙なバイアスを除いて見直せば「プレミアムセダンらしい落ち着いた走り」という評価になりましょう。

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツのニューモデルは、市場に投入された後も改良が重ねられ、どんどん良くなっていくことが知られています。新しいEクラスも、これからバリエーションが増え、メルセデスの基幹モデルとして熟成していくに違いありません。並行して、ハードウェアを司るソフトウェアもバージョンアップを重ねるはず。一抹の不安を感じないではありませんが、大いに期待して、今後を見守りたいと思います。

メルセデス・ベンツ Eクラス

<SPECIFICATIONS>
☆E200 アバンギャルド スポーツ
ボディサイズ:L4950×W1850×H1455mm
車重:1700kg
駆動方式:FR
エンジン:1991cc 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
トランスミッション:9AT
最高出力:184馬力/5500回転
最大トルク:30.6kg-m/1200〜4000回転
価格:727万円

(文&写真/ダン・アオキ)

<関連記事>
【ベンツGLC試乗】売れる要素が充実!走・攻・守そろうオールラウンダー
【趣味のためのクルマ選び】使える荷室+力強い走り!Cクラスワゴン
【アウディ新A4試乗】ほぼ“自動運転”を実現!進化したFFの走りも注目