尋常じゃない倦怠感があったら要注意

写真拡大

【チョイス@病気になったとき】(Eテレ)2016年8月6日放送
「知っておきたい 甲状腺の病気」

喉にある臓器「甲状腺」。普段あまり意識しない人が多いだろうが、日本では約500万人が甲状腺に何らかの問題を抱えているといわれている。

甲状腺の病気になると、体に様々な不調があらわれる。早めに症状に気付いて医療機関を受診するのが完治のカギとなる。

ほふく前進しかできなくなった

都内に住む伊藤貴美子さん(67)は、2015年の夏に体に異変を感じた。

ダイエットしているわけではなく、たくさん食べているのにどんどんやせ、体重が56キロから47キロに。脈拍が増え、手に力が入らずタオルも絞れなくなった。

40代の主婦・田中さん(仮名)は2年前、シャワーを浴びた後に30分ほど動けなくなり、汗が大量に出てずっと止まらなかった。

その後も少し動けばすぐ動悸と息切れを覚え、やがて全身の筋肉痛で立って歩けなくなった。トイレに行くにもひじだけで「ほふく前進」しかできず、ひどい時は1週間寝たきりだった。

会社員の中島弘さん(37)が不調を感じたのは2015年。ペンを持つ手が震え、文字が思い通りに書けなくなった。足に力が入らず、立っていられない時もあった。

三者三様の症状だが、これらは全て「バセドウ病」が原因だった。

甲状腺で作られる甲状腺ホルモンは、血液で運ばれて全身の臓器に作用し、新陳代謝を活発化させ活動に必要なエネルギーを作り出している。

通常、甲状腺は脳からの指令を受け、必要な分だけホルモンを作り血液中に分泌するが、免疫細胞が何らかの原因で暴走して甲状腺を刺激すると、指令を待たずにホルモンを多く作って分泌してしまう。エネルギーが過剰に作られ代謝のコントロールができなくなる病気が「バセドウ病」だ。

4:1の割合で男性より女性患者が多く、20〜40歳代で発症する人が多い。主な症状は甲状腺の腫れ、体温上昇、多汗、やせる、動悸・頻脈、疲れやすい、下痢、震え、かゆみ、イライラ、コレステロール低下、月経不順などがある。

血縁に発症者がいたら要注意

バセドウ病とは真逆で、甲状腺ホルモンが不足する病気もある。

西澤由美子さん(79)はお好み焼き屋を営んでいた16年前、ろれつが回らなくなり、会話がおっくうになり始めた。その後1年の間に声がかすれて出なくなり、耳も聞こえにくくなった。体全体を倦怠感が襲い、だるさから動けない時もあった。

ひどい疲れだと思い様々な栄養剤を試すも効果なく、お好み焼きのヘラを持つ手にも力が入らなくなり、泣く泣く店をたたんだ。

自分では「うつ」になったと思いしばらく病院に行かなかったが、しまいには平衡感覚も失い、まっすぐ歩いているつもりなのに周りの人から避けられるように。いよいよおかしいと感じ、総合病院を受診した。

診断結果は「甲状腺機能低下症」だった。バセドウ病と同様、暴走した免疫細胞が甲状腺を攻撃して起こる病気だ。甲状腺組織が壊され、甲状腺ホルモンの分泌量が減って代謝が悪くなり、全ての器官の働きが鈍くなる。

主な症状は、甲状腺の腫れ、寒気、皮ふの乾燥、太る、徐脈、倦怠感、便秘、むくみ、脱毛、記憶力の低下、コレステロール上昇、月経過多など。

バセドウ病、甲状腺機能低下症の主な症状がいくつか当てはまっている人は、一度病院にかかったほうがよい。

バセドウ病は甲状腺ホルモンの分泌をおさえる「抗甲状腺薬」、甲状腺の組織を破壊する「アイソトープ治療」、甲状腺の一部を取り除く手術のいずれかで治療できる。甲状腺機能低下症は「甲状腺ホルモン剤」を服用すれば改善される。

どちらの病気も原因は正確にはわかっていないが、遺伝で免疫細胞が暴走しやすい体質を持った人にストレスやショックなどの要素が加わって発症すると考えられている。いずれかを発症した経験がある血縁者がいたら、一度甲状腺の検査を受けるとよい。

血液検査は内科でも受けられるが、より詳しい診察が必要な場合は、「日本甲状腺学会ホームページ」で近くの甲状腺専門医を確認し、受診しよう。