「もう一回みたい!」と声を高らかに、何度も繰り返し、繰り返し見てしまうような動画、ありませんか?

とにかく見ているだけで、おもしろくて、ワクワクしてしまうような、そんな動画。

動画と言っても、様々なジャンルがありますが、世界で人気のジャンルのひとつがストップモーション・アニメーションです。

これは、静止している物体を1コマ毎に少しづつ動かしカメラで撮影し、あたかも連続して動いたように見せる撮影技法のことを言います。

1コマづつの動画を撮影していくので、ものすごい膨大なコマをとることになるわけですが、「本当にこれ1コマづつ撮っているの?」という疑ってしまうほど、見事な作品が多く登場しています。

中でも、この分野で第一線で活躍するのが、アメリカ発のクリエーター「PES」。

 

PESさん(@pesfilm)が投稿した写真 - 2014 7月 31 4:03午後 PDT

彼はこれまでに様々な作品を作り、YouTubeなどで発表してきました。

すべての作品の動画再生回数は計2億回以上を記録しているとか。

しかも2013年にはアカデミー賞にもノミネートされた経験を持ちます。

ほかにも、アンドロイド、ホンダ、プレイステーション、サムスンなど国際的企業のCMを60以上も手がています。

その彼が手がけるショートフィルムはまさに何度も繰り返しみてしまう代物です。

昔のものから最新作まで見てみましょう。

ただのサンドウィッチではなかった! 「Submarine Sandwich」(1分50秒)

1200万回以上も再生された人気の動画です。

サンドウィッチ用のハムを切っていると思ったら、ラグビーボールだった!

爆弾の中に入ったアボガドを取り出して・・・「Fresh Guacamole」(1分41秒)

アカデミー賞にもノミネートされたこちらの作品。

「新鮮なワカモレ」というタイトルの動画。

ワカモレとはメキシコ料理のサルサのひとつで、アボガド、玉ねぎ、ライムなどを混ぜ合わせて作りますが、この作品の中の食材にはウィットに富んだ驚くべき材料が使われています。

爆弾の中から飛び出したのはアボガド!

しかも種がビリヤードの玉になっています。

見慣れた文房具をスパゲッティにしちゃった 「Western Spaghetti」(1分42秒)

こちらは2009年のサンダンス映画祭でも賞を獲得している作品ですが、こちらもかなりユニーク!

キューブやら、色鉛筆やら、ポストイットやら、ステーショナリー系を使った”ウエスタン・スパゲッティ”の出来上がり。

最新作はアーケードゲームがコンセプト「Game Over」(1分36秒) 

最後にご覧いただきたいのは、先月発表されたばかりの最新作「Game over」。

1970年代〜1980年代に全盛期を迎えた「パックマン」などのアーケードゲームを再現したものです。

現代風にアレンジされた懐かしきアーケードゲームが斬新に生まれ変わりました。

いかがでしたか?

もうすでに2、3度見てしまったという方もいるのでは?

他の作品も公式サイトやYoutubeから見ることができるので、ぜひチェックを。

PES 公式サイト

Youtube 公式チャンネル

インスタグラム 

 

Image by: PES公式サイト

Source by: PES公式サイト, Youtube公式チャンネル, インスタグラム

文/MAG2 NEWS編集部

この記事を気に入ったら 友達にシェアする!

出典元:まぐまぐニュース!