イギリスのレストランは「美味しくない」というのは世界的にも有名な話。

しかしながら、ロンドンには本当に美味しいと思える場所も少なからず存在していることをご存知だろうか?

ロンドンにおいて、特にバラ・マーケット(Borough Market)のあるロンドンブリッジを中心としたエリアは、新鮮な食材を使ったレストランが増え、世界中の食通をうならせている、食の最先端とも言える場所。

バラ・マーケットとは、ロンドンの歴史上、最大にして最古のオーガニックマーケット。

有名なセレブリティシェフも御用達のこの市場は、イギリスを中心にヨーロッパの厳選食材が揃う市場としてヨーロッパのグルメで知らない人はいないほどの場所だ。

そして近年、ロンドンブリッジ周辺の高架下の倉庫街にマイクロ・ブリュワリーと呼ばれる小さなビール醸造所がいくつも生まれ、さらにバラ・マーケットとは反対側にあるバーモンジー・ストリートにも様々なレストランが増えており、いわばロンドンブリッジを中心としたこのエリアは、ロンドンの食の発信地の1つともなっている。

今回はそんなイギリス・ロンドンの食の発信地から、最高ビールを味わえるお店「アンスパッチ&ホブデイ(Anspach & Hobday)」をご紹介したい。

・高架下の小さな醸造所「アンスパッチ&ホブデイ(Anspach & Hobday)」
こちらのお店、列車の高架下の倉庫を改装した小さな醸造所。

醸造所のため、お酒を造る機械や抜栓されるまえのビールの樽が所狭しと置いてある。

そんな工場の中の小さなスペースで、小売りも行っていると言うスタイルなのだ。





・数々の受賞歴を誇るビールばかり
高架下の小さな醸造所とはいえ、出しているビールはこだわり抜いて作られたものばかり。

そのこだわり抜いて作られたビールの素晴らしさは、こちらのビールが多くの品評会で受賞歴がある事からも分かる。

たとえば、こちらの醸造所のシグネチャービールとも言えるポーターは濃厚な味わいと豊かなコクを味わえるダークビール。こちらのビールはインターナショナル・ビア・チャレンジ2014で金賞を受賞している。

他にもスモークドブラウンは、複雑な味わいやウマミを感じる事ができるオーク樽で熟成させたエールビール。こちらのビールは同じ都市のインターナショナル・ビア・チャレンジで銀賞を受賞しているのだ。

もちろん他のビールも例外無くどれもウマイ。ビール好きな方は全ての銘柄をチェックしてみる事をオススメする。

・金土日のみ味わえる生ビール
こちらの醸造所では、金、土、日のみ、醸造所で生ビールを提供している。

もちろん食べ物の持ち込みは自由だ。

このエリアでは多くのお店が、週末にかけてイベントを行っているため、醸造所周辺で美味しいサンドイッチやフライドチキンや、イギリス名物のスコッチエッグなどが味わえる屋台がたくさん存在している。

おいしい料理をゲットしつつ散歩をして、醸造所でできたての新鮮な生ビールを味わう、まさに新しいロンドンの休日の過ごし方といっても過言ではないのだ。



もし未だにロンドンの食べ物はおいしくない、そんな固定観念に取り付かれている人がいるのであれば、こちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?

きっと、今まで以上にロンドンのことが好きになるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店: アンスパッチ&ホブデイ(Anspach & Hobday)
住所: 118 Druid St, London SE1 2HH
お店のHP: http://www.anspachandhobday.com/