『大山竜作品集&造形テクニック』(大山竜/玄光社)

写真拡大

 異彩を放つ造形作家・大山竜の待望の処女作品集『大山竜作品集&造形テクニック』が2016年8月29日(月)に発売される。

 中学1年生の時に粘土で怪獣フィギュアを制作したことがきっかけとなり、本格的にガレージキット、フィギュアの原型制作を開始した大山竜。美大を中退後、21歳のときにガレージキット原作師としてデビューした後は、怪獣&クリーチャー造形の世界で徐々に名前が浸透していく。そして現在、創作立体作品、キャラクターフィギュアなど幅広いジャンルを積極的に造形し続け、大山は国内だけでなく海外からも熱い注目を浴びている。

 同書では、ガラモン、セミ人間、刀剣乱舞-ONLINE-、弱虫ペダル、モンスターハンター、シドニアの騎士、うしおととら、ベルセルク…etc. 荒々しいまでの大胆さと超絶ディティールの繊細さを併せ持つ独特の作風が堪能できる。さらに、作りおろしの魔王、モンスターを含む数々の造形作品をほぼ完全掲載。

真の造形作家大山竜 その他に類を見ない造形力に驚愕せよ
宮脇修一(海洋堂社長)

 材料、スパチュラの作り方から骨格、造形、着彩までの詳細なメイキングテクニックも収録している。海洋堂社長も絶賛する大山ワールドに触れて、その実力に圧倒されてみよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。