モスが岩手&徳島の店舗考案のチキンバーガー

写真拡大

モスバーガーは9月13日から、モスバーガー矢巾(やはば)店(岩手県)考案の「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」と、モスバーガー鳴門店(徳島県)考案の「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」を同時発売する。価格は各430円(税込み)。

モスバーガーは昨年、加盟店スタッフから“地元の名物”をキーワードにアイデアを募集し、ご当地のからあげをモス流にアレンジした「中津からあげバーガー レモン添え」と「釧路ザンタレバーガー 甘酢たれ」の2商品を販売した。今回は“選抜!直火焼チキン祭”をテーマに、全国のモスバーガー店舗から直火焼チキンを使った商品のアイデアを募集。各地域の名物や特産品をモチーフにした229件のメニューの中から、2つのメニューを商品化、販売する運びとなった。

「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」は、盛岡三大麺の“じゃじゃ麺”に使われるじゃじゃ味噌をモス流にアレンジし、直火焼チキンに合わせた商品。レタスの上に直火焼チキンと斜め切りにした長ねぎをのせ、たっぷりのじゃじゃ味噌ソースをかけた。塩などでシンプルに下味をつけた鶏もも肉(一枚肉)は、お店でじっくりと直火焼きし、皮はパリッとこんがり焼き色をつけて、中はジューシーに仕上げている。モスオリジナルのじゃじゃ味噌ソースは豚ひき肉に、玉ねぎ、椎茸、ごぼう、人参など7種類の野菜に、甜麺醤やコチュジャン、黒酢で味付けをした、ごま油の風味豊かなピリ辛ソース。長ねぎの食感と具材感のあるじゃじゃ味噌ソースがくせになるハンバーガーだ。

一方、「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」は、レタスの上に直火焼きチキンときんぴらをのせて、特製の和風甘辛だれをかけ、仕上げにパリパリに揚げたれんこんチップスをのせた。鶏もも肉(一枚肉)は、お店でじっくりと直火焼きし、皮はパリッと中はジューシーに焼き上げている。きんぴらは、ごぼうや人参、ぶなしめじなどの国産素材を使用し、甘辛だれとのバランスを考えて薄めのやさしい味付けにした。和風甘辛だれは、濃口と薄口の2種類の醤油をブレンドし、清酒、本みりん、塩麹に国産ゆずの風味を加え、隠し味の粗挽き唐辛子とブラックペッパーが素材の味を引き立てている。れんこんチップスは、一枚ずつ丁寧にカットし薄衣をつけて揚げ、甘くパリパリとした食感が楽しめるようにした。ジューシーなチキンに、風味豊かな甘辛だれとパリパリのれんこんが絶妙にマッチしたハンバーガーだ。