競泳女子100メートル背泳ぎの決勝進出を決めたレース後のインタビューで「究極のパワーを出し尽くした」と話した中国の傅園慧選手は、その受け答えで天然ぶりを見せ、一夜にして国際的な「ネットアイドル」となった。

写真拡大

プールの水が突然緑に変色したり、陸上の試合は観客席がガラガラであったり、選手らの物が盗まれる事件が多発したりと、開幕後もトラブル続きのリオデジャネイロ五輪。トラブルの多さから、「リオの大冒険」と揶揄する声も出ている。しかし、このようなトラブルのほか、海外メディアは今回の五輪の場外で繰り広げられる、見る人を楽しませてくれるエピソードにも注目している。例えば、競泳女子100メートル背泳ぎの決勝進出を決めたレース後のインタビューで「究極のパワーを出し尽くした」と話した中国の傅園慧選手は、その受け答えで天然ぶりを見せ、一夜にして国際的な「ネットアイドル」となった。京華時報が伝えた。

【その他の写真】

海外メディアの記者の目に、黒ぶち眼鏡をかけた傅選手は、インタビューで慎重に言葉を選んでいるほとんどの中国人選手とは違い、大げさな表情を交えながら単刀直入に話す朗らかな印象として映っている。そのため、傅選手は海外のネットユーザーの心もつかみ、米「ワシントン・ポスト」は傅選手を「リオ五輪で一番かわいい選手」と称している。

また、銅メダルを獲得した傅選手は、表彰台に上がってピースサインをした。その笑顔は、隣の金メダリストよりも明るく光輝いていた。このような生き生きとした表情を、海外のネットユーザーは次々に転送し、「この選手大好き」という声が寄せられている。

BBC(英国放送協会)やワシントン・ポストなどの海外メディアは、傅選手がインタビューに応える動画をアップしたほか、その様子をキャラクター化した画像を添えて、「これまでは中国人選手というと、金メダル獲得を最重要事項とし、メダルを取った後のインタビューでは『祖国に感謝する。次はもっと良い成績を取れるようにがんばる』と機械的に答える選手ばかりで、それがほぼマニュアル化していた。しかし今回、傅選手が『大満足』、『私そんなに速かったの?』、『究極のパワーを出し尽くした』と、多くの人を笑顔にするセリフを連発し、スポーツ界のスターに対するイメージを180度変えた」と評価した。

海外メディアは、「金メダルの数だけに注目するという中国の姿は過去のもの。傅選手が一躍有名になったということは、中国社会のスポーツに対する見方に変化が生じているということだ」と見ている。(提供/人民網日本語版・編集KN)