「ポメハゲ」って何?

ポメラニアンと暮らしている皆さんの中にも知らないという方も多いのが「ポメハゲ」です。

ポメハゲは病気としては正式な名前はなく、原因も不明なポメラニアン特有の脱毛・貧毛の状態のことです。

発症する、性別や年齢は特に決まっていません。
頭や四肢以外の体の部分に、左右対称に毛の生えない部分が出来て気づかれるケースが大半です。
痒みがなく、緩やかに進行することからなかなか気づかないまま症状が進むことが多いのも特徴ですね。

獣医師としての経験上、サマーカットや柴犬風カットを行うポメラニアンに多いように感じます。
また、洋服や首輪、胴輪などで毛が擦られることで発生するケースもあるようです。

ポメハゲの症状とは?

飼い主さんが来院するきっかけとしては、

1)サマーカットをして、秋になって他の部分は毛が生えたのに一部から発毛が見られない。

2)ふわふわの毛並みが、毛質が荒く固くなり擦り切れたり折れたりしやすくなった。

3)体の一部だけ、毛並みが薄く感じる。

このようなお話をされるオーナー様が多いですね。
愛犬の年齢は本当に様々ですが、脱毛を伴う深刻なケースは年齢の高い愛犬に多いように感じます。

ポメラニアンは、美容室でカットやシャンプーをお願いされる方も多いため、トリマーさんから毛質の変化や脱毛を指摘されることもあります。
しっかり愛犬の様子を観察して下さるトリマーさんと仲良くしておくのも良いでしょう。

サマーカットとあとの毛が生えない、毛質が変わってきたなど気になる場合はかかりつけの獣医師に相談されることをお勧めします。

ポメハゲの原因と治療とは?

実は残念なことに「ポメハゲ」については原因がまだ解明されていません。
一部では「脱毛症X」と呼び、原因不明の脱毛としてまとめていたこともあります。

原因はいまだにわかっていない

憶測の域をでませんが、ポメラニアンには成長ホルモンの量が少ないワンちゃんが多いこととの関連性が疑われています。

カットの後、発毛を促すのが成長ホルモンです。
ポメラニアンは小型化するブリーディングのなかで成長ホルモンの少ない犬をかけあわせたため、もともと成長ホルモンが少ない犬種であることも関連しているのでしょう。

そこに加えて、加齢により成長ホルモンの分泌が、減少すると発毛が行われなくなり脱毛症になるものと考えられます。

首輪や胴輪、洋服などで皮膚を常に刺激することで皮膚が分厚く老化が進み脱毛するケースもあります。

治療について

原因が、不明でも現実として脱毛が起こっているので動物病院にいらっしゃるオーナー様がほとんどです。

1)病院での治療

そんな中で獣医師によっては「原因は不明だから治療はしません」という方もいるようです。
確かに、原因は不明ですが毛根や皮膚のダメージを減らしてケアする治療は行うべきだと私は思います。
ですから、薬というよりはサプリメントで皮膚の再生を促すものをお勧めします。
皮膚炎などでも処方するサプリメントなので、大抵の動物病院には置いてあります。

2)オーナー様の対策

そのほかにも、首輪や胴輪、洋服など被毛を痛める原因になるものをつけっぱなしにしないなどオーナー様の対策も大事ですね。

3)美容室(トリミングサロン)での対策

美容室では、被毛を痛めるカラーリングなどは控えて、トリートメント効果の高い施術をお願いしましょう。

さらに、サマーカットをお願いする際は少し長めに仕上げてもらうのも予防対策としてはオススメです。
経験上、豆柴カットや体を短くバリカンで仕上げるサマーカットの後に発毛が遅れるケースが多いです。

バリカン仕上げは、手早いですし価格もお手頃ですがポメラニアンのふわふわを保ちたいならおすすめしません。

ポメハゲ以外にも気をつけたい脱毛

実は、ポメラニアンにはポメハゲ以外にも気をつけておきたい脱毛症があります。

チェックポイントをあげて簡単に説明しますね。

クッシング症候群

副腎皮質という、体の中の臓器の働きの異常により起こる脱毛を伴う病気です。
この病気は「ポメハゲ」と非常によく似ているため病院で検査してキチンと区別する必要があります。

わかりやすい特徴は、良く水を飲むこと・眠ってばかりでだるそうなこと・お腹の皮膚が張って薄くなったように見えることが挙げられます。

血液検査できちんと診断でき、治療もできる病気ですから動物病院で治療しましょう。

偽クッシング症候群

アレルギーなどで長期に渡りステロイド剤を、内服することで起きやすい病気です。
症状は上に挙げたクッシング症候群とほぼ同じです。

この二つはポメラニアンにも起こりやすく、ポメハゲとも似た脱毛症を、伴うのできちんと診断して区別して治療してあげたいですね。

まとめ

せっかく可愛いふわふわのポメラニアン、その毛並みを守って上げたいのはオーナー様にとって当然のことだと思います。

成長ホルモンの量などは飼い主としてどうすることも出来ませんが、過度のサマーカットを、避けることや皮膚への刺激を減らす事は普段の生活で十分可能ですよね。

ポメハゲになっても、治療や対策で発毛するケースもたくさんあります。
まず、ほかの病気と区別してきちんと対策していきましょう。

原因不明の「ポメハゲ」ですが、気をつけていつまでも可愛らしいふわふわの毛並みを守ってあげましょう!