「終了ではなくファイナル」スマスマの放送作家、鈴木おさむさんが短くも深いコメントを発表

写真拡大

先日、年内にて解散することが発表されたアイドルグループ、スマップ。日本中に走った激震は、まだまだ収まりそうにありません。

そんな中、昨日2016年8月17日、インスタグラムにコメントを投稿したのは放送作家の鈴木おさむさん。鈴木さんはスマップが出演する番組を数多く手がけていますが、中でも『SMAP×SMAP』は代表的なもののひとつ。

番組内の人気コーナー「ビストロスマップ」のロゴが入ったスープカップの画像と一緒に投稿されたコメントが反響を呼び、今も多くの声が寄せられています。

「僕は。スマスマ年内で、終了、とは言わず、ファイナルを迎えます! と言いたい。」

とても短い文章ですが、それだけに鈴木さんの気持ちがこの中にぎゅっと凝縮されていると言えるのではないでしょうか。

終了ではなくファイナル。同じ終わりを意味する言葉でも、「ファイナル」は「フィナーレ」のようにどこか希望が持てる前向きな言葉のように感じられます。

【寄せられる様々な声……】

鈴木さんのコメントには、次のような声が多数よせられています。

「おさむさん、いつもありがとうございます(泣)ファイナル、辛すぎるけれど歴史に残るのもになるようお願いします!!」
「おさむさんの言い方が優しくて泣ける。。。」
「25年も何かを続けられたことが凄いと思います。ファイナルが適切な言葉だと私も。今後の活躍を楽しみに」
「流石です!! 今までで最高のスマスマになりますように!!」
「私も『ファイナル』に賛成です。5人の笑顔がみたいです」
「正直嫌です。あきらめたくないです。でも、もう5人が傷つくのは嫌です。本当にスマスマが見れなくなるんなら、素敵なファイナルにしてください。」
「本当に嫌です! 受け入れれません」
「スマスマ終了なんて、信じたくない。」
「ファイナルもやだ!本当のSMAPをもっともっと、伝えてください。このまま終わりでいいんですか。」
「スマスマ大好きです!! こんな楽しい番組終わらせてほしくないです」
「悲しい。ただ悲しい。本人たちがホントに納得いく形でファイナルを迎えてほしいです。」

鈴木さんに共感する声、番組終了を惜しむ声、とにかく悲しいという声など、さまざまな声があがっています。

【どんな最終回になる?】

年内に最終回を迎えることが正式に発表された『SMAP×SMAP』。これまで20年間続いてきた番組だけに、ファンならずとも思い入れがある人は多いに違いありません。

現在、最終回でファンに感謝の言葉を話すよう、事務所がメンバーに説得しているという報道も流れていますが、どのような形であれ見逃せないものとなりそうです。

参照元:Instagram @osamuchan_suzuki
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む