18日、韓国メディアによると、ソウル地下鉄1〜4号線付近で行われた掘削工事により地下鉄のトンネルや駅舎が損傷したが、これを補修する工事があまりにずさんに行われていたことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年8月18日、韓国・マネートゥデイによると、ソウル地下鉄1〜4号線付近で行われた掘削工事により地下鉄のトンネルや駅舎が損傷したが、これを補修する工事があまりにずさんに行われていたことが分かった。さらに、ソウルメトロはこの事実を把握できず、そのまま放置していた。

ソウル市がソウル地下鉄1〜4号線の補修・補強工事950件について調査した結果、全体の35.5%を占める337件で「手抜き工事」が行われたことが分かった。工事はソウル地下鉄を運用・管理するソウルメトロが監督していた。しかし、施工業者が選定した安全点検業者と補修業者は「手抜き工事」を行い、国民の安全に脅威を及ぼした。補修業者は0.3ミリ以上の亀裂があるにもかかわらず、77件で接着剤を注入しなかった。安全点検業者は乗降口の下に生じた0.3ミリ以上の亀裂を「微細な亀裂」と表記して表面処理をさせるなど、34件に対して工法を適用しなかった。

また、地下鉄3号線のトンネルなどの施設には117件の損傷が確認されていたが、工事終了後11カ月以上も放置されていた。その結果、0.2ミリの亀裂が0.5ミリに拡大するなど、損傷部分が悪化した。

マネートゥデイはソウルメトロのずさんな管理が「手抜き工事」を招いたと指摘している。ソウルメトロの土木管理所職員が5日間の工事期間中に現場を訪れたのは、たったの1日だったという。その結果、その間に予定されていた補修工事44件中11件(25%)がそのまま放置され、施工不良率も59%に達した。また、施工業者が補修業者を選定する際にソウルメトロが介入し、地下鉄工事の経験がある特定の業者を紹介していたことも明らかとなった、さらに、掘削工事と関連のない損傷を含めて補修工事をするよう指示していたことも分かった。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「大きな事故が起きないとまじめに仕事ができないの?」
「11カ月も放置?韓国はもうお終いだ」
「不安で地下鉄に乗れない」

「韓国の至る所に不正、腐敗が存在している」
「ソウル市長は何をしている?自分は地下鉄を利用しないから、どうでもいいと考えているのか?」

「ソウルメトロとソウル市長が責任を取るべき。地下鉄事故が起きるたびに思うが、なぜ誰も責任を取らない?」
「国民の安全はいつも後回し。庶民は自分で自分の命を守るしかない」

「しっかり工事をしてもらうために税金を払っているのに!地下鉄のトンネルが崩れたらどうなる?」
「韓国は不正共和国。世界で最も早く消滅するであろう国の1つ」(翻訳・編集/堂本)