17日、鳳凰体育は、「リオデジャネイロ五輪の女子バレー準々決勝で中国に敗れた開催国ブラジルが記者会見をまたもや欠席した」と伝えた。

写真拡大

2016年8月17日、鳳凰体育は、「リオデジャネイロ五輪の女子バレー準々決勝で中国に敗れた開催国ブラジルが記者会見をまたもや欠席した」と伝えた。

17日に行われた準々決勝では、フルセットの末に中国がブラジルに勝利し、ベスト4に進出した。しかし、ブラジルは試合後の記者会見に姿を現さなかった。記事は「負けを認められなかったのか?」と伝えている。

記事によると、ブラジルは今年6月にマカオで行われたワールドグランプリ1次リーグでも、中国に敗れた後に表彰式と記者会見を欠席して帰国していた。ブラジル側は「飛行機の時間が迫っていた」と説明したが、同じ便に乗る予定のベルギーは予定通り表彰式に出席していた。(翻訳・編集/北田)