<ファンケルクラシック 事前情報◇18日◇裾野カンツリー倶楽部(6,911ヤード・パー72)>
 国内シニアツアー「ファンケルクラシック」が明日19日(金)から3日間の日程で静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台に開催される。今季から賞金額が7,200万円に増額、シニアの賞金王の行方を左右する夏の大一番となる。
ファンケルシニアにかける意気込みを話す選手たち
 昨年は2位に5打差をつけ、“鉄人”の異名を持つ室田淳が優勝。この大会は06、07年にも制しており、相性はバツグン。先週は米国メジャーの「全米シニアオープン」に出場していた室田。強行スケジュールになるが、2度目の連覇を狙う。
 全米シニアで日本人最高位の18位に入った崎山武志、この大会で予選落ちを喫した井戸木鴻樹もこの大会に出場。また、リオ五輪に行っていた“戦う会長”、倉本昌弘もこの大会に参戦する。この大会の優勝に並々ならぬ意欲をみせる中嶋常幸、尾崎直道、芹澤信雄らビックネームや、今季シニアデビューをはたした鈴木亨ら実力者たちが裾野に集結。
 シニアツアーでもNO.1の集客力力誇るビッグイベント。オリンピックや女子ツアーに負けない熱い戦いを、いぶし銀の技を持つ男たちがゴルフファンに見せつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>