写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都大学(京大)は8月18日、ラットの腹部大動脈瘤モデルを用いた実験で、緑茶ポリフェノールの摂取が腹部大動脈瘤の伸展・増大を予防することを示したと発表した。

同成果は同大医学研究科博士課程の瀬戸崎修司氏、同南方謙二 講師、同大iPS細胞研究所の升本英利 特命助教らの研究グループによるもの、7月26日(米国時間)に、「Journal of Vascular Surgery」で公開された。

腹部大動脈瘤は一旦破裂すると50%以上の患者が死亡する致命的な病気だが、通常は破裂するまで症状が無く、瘤の径が増大するほど破裂の危険が高まるとされる。

今回の研究では、ラットを2群に分け、1群には飲料水を、もう1群には緑茶ポリフェノールを飲料水に混ぜて2週間投与した。その後、エラスターゼ(タンパク分解酵素)などを腹部大動脈瘤に投与し、ラットの腹部大動脈瘤モデルを作成した。

モデル作成後4週間観察した結果、緑茶ポリフェノール投与群では飲料水群に比べ、腹部大動脈瘤の径の増大が抑制されることを確認。さらに、大動脈壁の主要な構成タンパク質であるエラスチンの合成が緑茶ポリフェノール投与群において促進し、大動脈瘤が破裂しづらくなっていた。また、緑茶ポリフェノール投与群では、大動脈瘤の増大に悪影響をおよぼすとされている炎症反応が抑えられていた。なお、肝障害などの副作用は、同実験で使用した緑茶ポリフェノールの濃度では起きなかった。

緑茶ポリフェノールは、抗炎症作用や抗酸化作用などの生理作用により、がんや心血管疾患などの予防効果があることが報告されている。今回の研究成果について研究グループは「本研究成果は、特に日本では日常的に愛飲されている緑茶のもつ潜在的な健康寿命延伸への貢献の可能性を示しています。無症状ということで治療がしにくく、かつ一旦破裂すると致命的になりうる腹部大動脈瘤に対する緑茶ポリフェノールによる増大予防効果を示した本研究成果は、公衆衛生上あるいは疫学上も興味深いと考えられます」とコメントしている。

(神山翔)