初の「ポッ拳世界チャンピオン」決定戦開催へ

写真拡大

ポケモンとバンダイナムコエンターテインメントは8月18日、今年3月に発売したWii U向けソフト「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」が、世界累計出荷本数100万本を突破したと発表した。

「ポッ拳」は両社がタッグを組んで開発した、ポケモン初の対戦アクションゲーム。2015年7月にアーケード版を国内で展開し、海外のファンからも大きな期待の目が向けられる中、2016年3月にWii U版が世界同時発売された。結果、国内外で高く評価。世界累計出荷本数は100万本を突破した。

本作では、オンライン対戦だけでなくリアルな対戦イベントも数多く実施。プレイヤーだけでなく、観客を巻き込み、繰り出される技・アクションに一喜一憂するプレイスタイルは、e-sports市場からも注目を集め、米国EVO(1995年から開催されているアメリカ最大級の格闘ゲーム大会)で競技種目として新たに「ポッ拳」が認定されるなど、存在感を増している。

そしてこのたび、米サンフランシスコで開催されるポケモンのゲーム・カードゲームの世界大会「ポケモンワールドチャンピオンシップス2016」でも「ポッ拳」大会を開催(8月20日より)。初となる「ポッ拳世界チャンピオン」が決定する。日本国内、欧米で予選を突破したプレイヤーが一同に集結、熱いバトルを繰り広げるという一大イベントだ。