笑いも技術も超一流! 鹿児島実業高校の男子新体操部がインターハイで魅せたハイレベルな演技をご覧ください

写真拡大

“鹿実” こと、鹿児島実業高校の男子新体操部は、ユニークなパフォーマンスで多くの人々を魅了し続けていることで知られています。

今年のインターハイで披露された3分超の演技も広く注目を集めているようで、YouTubeの再生回数は、現在なんと125万回超え! 

男子新体操の総合サイト「KIRIMOMI」のYouTubeチャンネル「MenRgJpn」に投稿された華麗な演技の動画をご紹介します。

【ウルトラマンのイントロでスタート!】

動画の序盤、流れたイントロはウルトラマン。スペシウム光線を出しているような振り付けに、高い跳躍。ウルトラマンさながらに動きまわる選手たちの姿。よくよく見ると、ウルトラマンの服を思わせる赤と白の衣装を身につけてるっ。そして髪の毛まで、ウルトラマンを連想させるモヒカン風ヘア。

「芸が細かいなぁ〜」と感心したのもつかの間、続いて飛びだしたのはCMで話題となった「斎藤さんゲーム」!

【流行ネタが続々登場します】

さらに、ラグビー部を舞台にしたドラマ「スクール・ウォーズ」のテーマ曲にのせた「五郎丸選手のポーズ」に、「ポッキー」のCMからの「三代目JSB」「ライザップのCM」などなど、出るわ出るわ、音楽をうまく使った笑いのネタが満載っ。

そのたびに会場中から湧き上がる大歓声、最後は「安心してください、穿いてますよ」ポーズ3連発を決めてフィニッシュ。

は〜、楽しすぎて時間が過ぎるのがあっという間だったわ〜。

【美しすぎる動きにため息】

流行りのネタが満載で、コミカルさが際立つ鹿実のパフォーマンスですが、身体の動きや、ひとつずつの演技は美しくて繊細。しかもパワフルでダイナミック。圧倒的なレベルの高さは、新体操に詳しくない私の目から見ても明らかなんです。

【モットーは「観客の笑顔が見れたら全て良し」】

YouTubeの動画説明によれば、鹿児島実業が今のように「面白いスタイルの新体操」をするようになったのは、10年以上前なのだそう。

たとえ点数が出なかったとしても、観客の笑顔が見れたら全て良し。この思いを元に作られた彼らの演技のクオリティーは、年を経るごとに高まっていき、それに伴ってハイレベルな選手が全国からたくさん入学するようになったのだとか。

そうしてレギュラーの座をめぐり、選手たちが切磋琢磨しあうことによって、チームの実力が上昇。ここまで見ごたえのある演技を披露できるようになったんですって。

【男子新体操はまだまだマイナーな存在】

多くの人々に笑いと感動を与える彼らのような選手の活躍によって、きっと男子新体操も以前よりはメジャーな存在になっているのでは? と私は思っていたのですが、実情はそうでもないよう。

「マイナースポーツ」という肩書きは未だにぬぐえず、それどころか、競技人口の少なさや普及の観点から、2008年をもって国体からも除名されているのだそうです。

こんなにも心躍るスポーツなのに、残念で仕方がありませんよね。けれども、もっともっと注目が集まれば、競技人口も増えることでしょうし、やがては国体種目として復活するのも夢ではないはず。

鹿実の今年の演技をきっかけに男子新体操に興味を持ったというあなたは、ぜひ他校の演技にも注目してみてくださいね!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る