米エネルギー情報管理局(EIA)は15日、中国のシェールガスの1日平均産出量が2040年に200億立方フィートに達し、米国に次ぐ世界2位のシェールガス産出国になると予想した。

写真拡大

米エネルギー情報管理局(EIA)は15日、中国のシェールガスの1日平均産出量が2040年に200億立方フィートに達し、米国に次ぐ世界2位のシェールガス産出国になると予想した。新華社が伝えた。

EIAが発表したデータによると、中国はこの5年間で600カ所以上のシェールガス田を開発し、2015年の1日平均産出量が5億立方フィートに達した。中国のシェールガス産出量は増加を続ける見通しで、1日平均産出量は2040年に200億立方フィートに達し、中国の天然ガス産出量に占める割合が4割を超え、米国に次ぐ世界2位のシェールガス産出国になる見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)