画像

写真拡大 (全2枚)

 トライバルメディアハウスのエンターテイメント領域に特化したマーケティング組織「Modern Age」は、8月20、21日に行われる音楽フェスティバル「サマーソニック」東京会場のオーディオテクニカPRブースのVR映像をプロデュースした。

 マーケティング支援を行うトライバルメディアハウスのエンターテイメント専門特化型ユニットであるマーケティング組織「Modern Age(モダンエイジ)」は、8月20、21日に行われる音楽フェスティバル「サマーソニック」東京会場のオーディオテクニカPRブースにて、VR映像を活用した視聴体験「AT-VR 360° Live EX -from SANABAGUN.-」を企画、ディレクション、プロデュースした。

 オーディオテクニカは「サマーソニック」にて毎年PRブースを展開している。その中で、同社の思いを伝えるためには、「最新のテクノロジーで最高の体験」を提供する必要があると考えた。そこで今年は、オーディオテクニカ製品に加えて、臨場感を増幅させるVRを活用することで、ユーザーにこれまでに無い最新で最高の音楽体験を目指した。

 今回の映像では、同社の最新のヘッドホンによる臨場感のある音楽と360度どこを見ても目の前にミュージシャンがいる状況を楽しむことができる。

MarkeZine編集部[著]