安倍蒼世役を演じる古川雄輝 (C) 唐々煙/マッグガーデン

写真拡大

福士蒼汰主演、本広克行監督で実写映画化される『曇天に笑う』の第3弾キャストとして、新たに古川雄輝の名前が発表となった。

福士蒼汰、主演時代劇『曇天に笑う』のクランクアップを報告!

福士が時代劇映画に初主演をはたす本作は、明治維新後の滋賀県・大津が舞台。物語の中心となるのは曇天三兄弟で、長男の曇天火(くもう・てんか)役を福士、次男の曇空丸(くもう・そらまる)役を中山優馬、三男の曇宙太郎(くもう・ちゅうたろう)役を若山耀人が演じる話題作。

物語は300年に1度、人に災いをもたらす巨大な力を持つ大蛇(オロチ)が復活。その災いを阻止するために曇天三兄弟が立ち上がるのだが、古川が演じるのは、その三兄弟とともに大蛇の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」チームリーダーの安倍蒼世(あべのそうせい)役。

隊長として、常に自分に厳しく実直で頑固な性格。曇天火(福士蒼汰)とは幼馴染ではあるが、隊を抜けた天火をいまだ許していないクールな役どころだ。強く美しい出で立ちに、原作ファンにも人気が高いキャラクターで、古川は刀を使って初めて本格時代劇アクションに挑む。

その古川は原作・脚本を読んだ際の感想を聞かれ、「男性キャラクターの多い作品ですが、男たちの葛藤や友情など、戦っている姿がとてもかっこ良く、その中でも隊長である蒼世をどのように演じるべきか考えながら読んでいました。刀を使ったアクションが初めてでしたので、撮影がどのように行われるのか楽しみにしていました」とコメント。

演じた役柄については「とにかく強く!かっこ良く!演じたいと思っています。難しかった点は、とにかくアクション。犲の中でも一番強いキャラクターなので、強く、華麗に蒼世のような動きでアクションをするのが難しかったです」と述べている。

『曇天に笑う』は2017年に全国公開予定となっている。