クリス-ウェブ佳子監修のスープカフェが表参道に期間限定オープン

写真拡大

 ファッション誌「ヴェリィ(VERY)」の専属モデルとして活動するクリス-ウェブ 佳子が監修したスープカフェ「MCC Soup Cafe produced by Yoshiko Kris-Webb」(以下、MCC Soup Cafe)が、神宮前1丁目の「TOKYO Apartment cafe」にオープンする。期間は8月23日から29日まで。エム・シーシー食品が展開するスープシリーズとコラボレーションしたメニュー12種類を日替わりで提供する。 クリス-ウェブ監修のカフェOPENの画像を拡大

 「MCC Soup Cafe」では「北海道産とうもろこしのスープ」や「クラムチャウダー」「カニのクリームビスク」などをラインナップ。「TOKYO Apartment cafe」で提供する既存メニューのセットとして無料で提供するほか、18時から23時までのディナータイムはおかわり自由のオーダーバイキング(300円)を実施する。11時から18時までの時間帯は朝のスープに加えて、クリス-ウェブ 佳子が監修した大人の塗り絵が楽しめるオリジナルデザインのランチョンマットや、池尻大橋のベーカリー「トロパン トウキョウ(TOLO PAN TOKYO)」が手がけたパンの器をセットにした「MCCスープオリジナルランチセット」(500円)を販売。店内は、資生堂や「アールエムケー(RMK)」などにイラストを提供してきたデザイナーのプシェメク ソブツキが演出・デザインを手がける。■MCC Soup Cafe produced by Yoshiko Kris-Webb期間:2016年8月23日(火)〜8月29日(月)   *休業日なし ※23日の実施は一部時間のみ営業時間:11:00〜23:00     ランチタイム 11:00〜15:00     ディナータイム 18:00〜23:00(バイキング形式あり)     セット販売 11:00〜18:00所在地:東京都渋谷区神宮前1-11-11(TOKYO Apartment cafe)