「世界で最も稼ぐDJ」ランキング、1位はカルヴィン・ハリス 年収63億円

写真拡大

はた目には、カルヴィン・ハリスにとってこの一年は大変な時期だったようにもみえる。自動車事故に巻き込まれ、交際していた”スーパースター”のテイラー・スウィフトと別れ、そして年収は前年から300万ドル(約3億円)減少した。

だが、それでもハリスは4年連続で、「世界で最も稼ぐDJ」の地位を維持した。フォーブスがこのほど発表した2015年6月からの一年間の収入ランキングによると、EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)の”キング”、ハリスの年収はおよそ6,300万ドル(約63億4,800万円)だった。

スコットランド出身のハリスは、ラスベガスでは1回のギグで40万ドル以上を稼ぐ。その彼は数年前にフォーブスに対し、「作詞家としてもプロデューサーとしても、史上ナンバーワンになりたい」と話していた。

2位はオランダ出身のティエスト。過去12か月で100回以上のギグを行い、3,800万ドルを稼いだ。その他にも7UPとの広告契約で、7桁の収入を得ている。

フランス出身のデヴィッド・ゲッタは3位。サッカーの欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)のテーマ曲を手掛けるなどした昨年の収入は、2,800万ドルだった。ゲッタは現在、主にラスベガスのウィン・ラスベガス内にあるクラブの専属DJとして活動している。

初のランク入りとなったディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクは、1,550万ドルを稼いで10位に入った。

【関連】2015年「世界で最も稼ぐDJ」ランキング

EDMバブルはもうはじけた?

しかし、EDM全体でみると、ランキングの上位に入ったDJたちほど先行きは明るくないかもしれない。上位10人の年収は総額で2億7,050万ドル(約272億5,440万円)。前年から1%減っている。フォーブスが2012年にランキングの作成を開始して以来、初めて前年比での減少を記録した。

5位にランクインしたスティーブ・アオキ(昨年の収入は2,350万ドル)はEDMを取り巻く状況について、「米国でのバブルはすでにはじけている」「ラスベガスのDJたちをみれば分かる」と話している。声帯の手術を受けながらも、アオキはこの12か月で198回プレーした。

一方、リストに名を連ねたDJの中には、EDM以外の分野で収入の大半を得ている人もいる。7位のスクリレックス(同2,000万ドル)は、ジャスティン・ビーバーとコラボ。最新アルバム「パーパス(Purpose)」のうち5曲をプロデュースし、ビーバーの復活を後押しした。

各人の年収(推計・税引前)は、ライブの収入、関連商品の売り上げ、スポンサー契約料、音楽セールス、その他の収入から算出した。これらの金額に関する情報は、調査会社ニールセン、コンサート情報の提供やチケット販売を手掛けるソングキック(Songkick)とバンズインタウン(Bandsintown)、業界誌「ポールスター(Pollstar)」、全米レコード協会(RIAA)、プロモーター、マネージャー、DJら本人から得ている。

金額についてはDJ本人またはそれぞれのチームが公式に、あるいはフォーブスに対して個別に、正確であることを認めている(ただし、一部には異論もある)。

2016年「世界で最も稼ぐDJ」ランキング TOP12はこちら>>