犬はある程度テレビの内容を認識できる

愛犬の犬友達の飼い主さんから、
「うちの子は良くテレビを観ます。画面の前に陣取って結構長い時間みてますよ」
という話を聞きました。

ちなみに私の愛犬は全く観ません。
ちょっと疑問に思いましたので掛かり付けの獣医さんに聞いてみたところ、どうやらテレビを観る見ないは犬の性格によるらしいです。

色々な説がある中で、獣医師はとても興味深い話をしてくれました。
2013年に学術誌【アニマル・コグニション】に発表された研究内容によりますと、犬は人間を含む様々な動物の写真の中から、視覚のみで犬の写真を特定できると言うのです。
私は『それは少し無理があるなぁ』と思いながら聞いていました。
しかし聞いている中で頷ける内容がたくさん出て来ましたので、犬は【ある程度テレビの内容を認識できる】と認める様になりました。

犬はどの程度テレビの内容を認識できるのか?

家の中で生活している犬は【人間と同様に映像を感知できる】と、学術誌アニマル・コグニションに記載されているそうです。
また、画面の中の動物の姿や吠える音も現実の世界と同様にしっかり認識できるとも記載されているようです。
ですので犬達の反応は、現実に見える世界と変わらないのだそう。
しかし、毎秒表示できるコマ数が現在より少ない旧型テレビだと、犬は1920年当時の様なチカチカした映像に見えるのだそうです。
その理由は、『犬の目は人間の目よりも素早く映像を感知するからチカチカ見えるのだ』と、米マサチューセッツ州タフツ大学の獣医行動学者である【ニコラス・ドッドマン】は語っている様です。

ビールを飲みながら愛犬とテレビでプロ野球観戦・・・
などと考えていますが、私の愛犬はテレビに全く関心がない様で完全無視です^_^;

犬のための専用テレビ番組まで登場

人間の色覚は3色型色覚であるため、あらゆる色を認識できる言われています。
犬は2色型の色覚ですので黄色と青しか認識できませんが、『2色も色覚があれば十分にテレビの映像を認識できるはずである』と、アメリカのビンガムトン大学が運営するサイト【Ask a Scientist】に記載があるそうです。

米国サンディエゴにあるケーブルテレビ【CoxとTime Warner Cable】で、犬が視聴するための専門チャンネル【DOGTV】をスタートさせたのはご存知でしょうか。
このチャンネルは、飼い主が外出の間に流しておくと、犬が寂しがらずに楽しく快適に過ごせるというものらしく、しかも開局に当たっては科学的な検証をしていると言うのですから、かなり信憑性の高いものと考えられます。
内容は、犬がまどろむ場面や楽しそうにジャレ合う犬達,勢い良く跳ねたり転がったりするボールなどが音楽と一緒に流されるそうです。

どんな映像なのか観てみたいですね。
そして愛犬に観せたあげたいです。

まとめ

最後に獣医師が語ったのは「映像は認識できるが、漠然と観ているので状況の把握はできない」と言っています。
テレビを観て状況把握ができたら、もはや犬ではありませんよね。
また、「テレビを観る見ないは犬それぞれの性格にもある。人間の性格も十人十色、犬も同じですよ」とも言っておられました。

そこで、なぜ私の愛犬はテレビに興味を示さないのか獣医師に聞いてみたところ、
「テレビ以外に興味を引かれるものがあるからでしょう。例えば飼い主さんの事が大好きで、飼い主さん見ているだけで十分と思っているのではないですか」
と言われました。
これは社交辞令的に言われたのかも知れませんが、社交辞令だと分かっていても、言われれば嬉しいものです。
そうだと勝手に解釈して、これからも愛犬と楽しく過ごして行こうと思います。