ホームパーティーでありがちな失敗は? 二度と行きたくないと思わせてしまうご法度は?

写真拡大

  仲間内でワイワイくつろいで楽しめるのが魅力のホームパーティー。慣れないと失敗もつきもの。会を重ねていくうちに迎えるほうにも訪ねるほうにも色々な気づきがあり、より一層楽しいパーティーになっていくものかもしれない。日本ホームパーティー協会と日本ピクニックパーティー協会が共同で、ホームパーティーでの失敗に関するアンケート調査を行ったので、ぜひ参考にしてみよう。

  アンケートは、各種ソーシャルメディアを利用して18〜50歳代までのホームパーティーに関心のある男女を対象に行い、有効回答数は600人。まずは、ホームパーティーのメインである「フード・ドリンク」にまつわる失敗(複数回答)。フード面では、1位は「用意した料理が余った」(51.7%)、2位は「用意した料理が足りなかった」、「盛り付けが綺麗にできなかった」(ともに21.7%)。ドリンク面では、1位が「氷が足りなかった」(33.3%)、続けて「用意したアルコールが余った(足りなかった)」(26.7%)、「ドリンクをこぼしてしまった」(25%)で、直接的な失敗よりも参加者へのおもてなしに関する失敗の方が上回る結果となった。

 気になる「お金」に関する失敗も。金銭面で失敗したことを複数回答で選択してもらったところ、「予定よりもお金がかかってしまった」が1位で40%。2位、3位は、「会費を取らなかったので赤字になった」(25%)、「一部の参加者から会費を集金できなかった」(21.7%)と続いた。せっかくのアットホームなパーティーだからお金のことには細かくなりたくないという気持ちも働くのかもしれないが、決めた会費を来場時に集めた方が、気持ち良い運営ができそうだ。

 そして、「こんなホームパーティーにはもう行きたくない」と思ってしまった経験談を自由回答式で答えてもらったところ、特に多かったのが、「ホスト(開催者)の自慢話でウンザリ」という内容。「内輪ネタで盛り上がって、全く他の人と馴染めなかった」の意見も多数だった。迎えるほうも訪ねるほうも、みんなで作り上げるホームパーティー。やはり、何より大切なのは周りを思いやる心のようだ。